尊厳死

えっちゃんのブログ

特養入所事例 浅子さんの看取り

ターミナル(終末期)ケアの本質は、医療行為(延命的処置)をすべきとか、どこまで望むかではなく、人の終焉を「どこで」「誰と」「どのように」迎えるかであると考えます。「独り」もしくは「諸機器だけの中」で息途絶えるのはあまりにも寂しいことです。
えっちゃんのブログ

Quality of Life

現在、少なくない高齢者が希望しない延命治療を受けている背景には、終末期を医療機関で過ごしていることと関係があると思います。高齢者が終末期を過ごす場所を、医療機関に限らず、介護施設や高齢者住宅に広げて、個々の高齢者のQOLの拡大を願いたいものです。
えっちゃんのブログ

高齢者医療と尊厳死

救急で搬送された高齢者が挿管し、人工呼吸器を装着する場合もあります。高齢者であっても一度人工呼吸器を装置を装着したら外すことは出来ません。尊厳死の法制化を目指す動きもありますが、日本では現在実質的な審議には至っていないのが現状です。
ターミナルケアの確立

看取り指針 テンプレート

『重度化対応加算』を算定する施設においては『看取りの指針』を策定し、『施設における最期の考え方や取組み』を提示し入所時説明し同意を得ることが求められています。これはその同意書の無料テンプレートです。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました