高医療依存度利用者への援助

介護保険制度の改正によって、医療依存度の高い方の入所もやも得なくなってきました。

施設において、医療依存度の高い利用者をケアするためには、介護と看護との連携を深め、医師や栄養士、相談員などを含めたさまざまな専門職がチームで対応することが求められます。

なかでも直接処遇職員は、利用者にとって最も身近な存在です。

病状が進展する前に、体調変化をいち早く察知することにより、利用者の尊厳を守り、また命を守るための重要な役割を担っていることを認識しながら、心のこもったケアを提供するためのマニュアルとして活用してくだされば幸いです。

マニュアルはすべて無料テンプレートとして配布させていただいておりますので、必要に応じて加筆・修正の上お使いいただけましたら幸いです。

高医療依存度利用者への援助

医療依存度の高い利用者のケアの実際ー在宅酸素療法マニュアル テンプレート

在宅酸素療法とは、酸素吸入が必要な慢性呼吸不全の人が自宅に酸素供給装置を設置し、外出時には携帯型酸素ボンベを使用して酸素吸入を行う在宅療法です。これはその援助マニュアルです。
高医療依存度利用者への援助

医療依存度の高い利用者のケアの実際ーストーマ(人工肛門)マニュアル テンプレート

ストーマ(人工肛門)とは、肛門が使用できなくなった時に外科的に造設される排泄口のことをいいます。これはその援助マニュアルです。
高医療依存度利用者への援助

医療依存度の高い利用者のケアの実際ー糖尿病マニュアル テンプレート

糖尿病になると、ブドウ糖がエネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなり、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが足りなくなったり、うまく細胞に作用しなくなるために、血中での高血糖やそのほかの代謝異常を引き起こします。これはそのマニュアルの無料テンプレートです。
高医療依存度利用者への援助

医療依存度の高い利用者のケアの実際ー尿道留置カテーテルマニュアル テンプレート

尿道カテーテルは尿路が狭窄・閉鎖して自然排尿ができなくなった場合または脊髄・脳や自律神経障害のため排尿困難な場合に用いられます。尿閉が長く続くと腎後性腎不全という腎機能障害を起こします。この場合、早期に尿道カテーテルを使用することで腎機能の改善が得られます。
高医療依存度利用者への援助

医療依存度の高い利用者のケアの実際ー経管栄養(胃ろう)マニュアル テンプレート

胃ろうとは、疾病などの原因で経口的な食事摂取が困難になった人に行う栄養補給法の一つです。昨今では施設にて胃ろうを増設された利用者様の援助を行うことが多くなってきていますのでそのマニュアルとしてお使いいただけましたら幸いです。これはその無料テンプレートです。
高医療依存度利用者への援助

医療依存度の高い方への考え方マニュアル テンプレート

施設において、医療依存度の高い利用者をケアするためには、介護と看護との連携を深め、医師や栄養士、相談員などを含めたさまざまな専門職が協力し対応することが求められます。これはそのマニュアルの無料テンプレートです。
高医療依存度利用者への援助

医療依存度の高い利用者の受入に関する指針 テンプレート

昨今、施設においても医療依存度の高い方の受け入れが必須となってきました。介護職員の割合が多い中でそのような方の受け入れにはリスクが伴なうと思います。日々の研修を通じて事故を最小限にするためにもガイドラインを策定する必要があります。これはその無料テンプレートです。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました