実習プログラム-社会福祉士

社会福祉援助者の実践者にとって、社会福祉の理念を追求し目的を達成するためには、社会福祉の知識・技術価値倫理の修得は重要になってきます。

そして、そのためには、大学における学習だけではなく、実践現場との関わりにおいて十分学習することによって実践的能力を高めていくことが必要になってきます。

具体的には、現場の現状の理解、利用者への理解を通して理論と実際を統合していく力を育成していくことが必要となります。

このカテゴリーでは、社会福祉援助技術現場実習の計画書をマニュアル化し、ご紹介しておりますので、現場の指導に当たる方にご参考頂けましたら幸いです。

尚、当該マニュアルは無料テンプレートとして配布しております。
必要に応じて加筆・修正の上、お使いください。

実習プログラム-社会福祉士

社会福祉士実習カリキュラム(24日間) テンプレート

社会福祉士として援助に当たるうえで必要な援助技術を学ぶことは、多種職の役割を理解する上で重要になって来ます。そこで多種職の援助技術を実際に学びソーシャルワーカーとしての基本を身に付けます。これはそのカリキュラム(24日間)例の無料テンプレートです。
実習プログラム-社会福祉士

社会福祉士取得実習カリキュラム(例) テンプレート

社会福祉士として援助に当たるうえで必要な援助技術を学ぶ上で多種職の役割と責任を知ることはとても重要です。その中で個々の職種の援助技術を実際に学ぶことでソーシャルワーカーとしての基本が身に付きます。これはその実際例の無料テンプレートです。
実習プログラム-社会福祉士

高齢者福祉分野での実習の留意点 テンプレート

これからの社会福祉援助者の実践者にとって社会福祉の知識・技術価値倫理の修得は重要になってきます。そして大学における学習だけではなく実践現場との関わりにおいて十分学習することによって実践的能力を高めていくことが必要になってきます。これはその無料テンプレートです。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました