人材育成

人材不足の中で新人スタッフを抱え、育成していくことは非常に大変なことです。しかし、私たちの仕事は「人命をお預かりしている重要な仕事」であることを忘れてはいけません。人材を確実に育てていくことが、利用者の安全を守ることになり、施設の財産となります。

職員一人ひとりにプリセプター(指導者)の指導や教育があり、それをチームで育てる人材育成が必要です。
プリセプターとプリセプティは勤務が重ならない日も多く、毎日の日常業務では、ゆっくりと話し合ったり、直接指導にあたる時間がなかなか取れないのが現状ですが、できる限りかかわりの時間を確保し、プリセプティの悩みや相談を受けるなどフォローアップに努めることも重要です。

新人介護士

また、新人スタッフは、毎日の介護業務だけでなく、自分に合った役割を担うことで、自分の持ち場を確保でき、思わぬ力を発揮できることがあります。チームの担当業務や行事などの担当を早めに経験してもらうことも、能力開発の重要な鍵となります。
チーム内での人材育成について活用してくだされば幸いです。

チームケアは、一人ひとりの介護職員のやりたい介護をチームで支えるシステムです。
そこで、まず、チームメンバーの能力差(介護経験、人生経験、教育背景の違いなどの全て)を認めるのが基本となります。また、一人ひとりの思いを大切にし、一人ひとりが自立していくこと(自立に向かうこと)がこの介護方式の基礎になります。
更には、新入職員など未熟な職員をチームで育てるシステムです。

施設におけるチームケアの実際」カテゴリーもご参考いただけましたら幸いです。

人材育成

職員評価表 テンプレート

この「職員評価表」は「ケアラダー(キャリアビジョン)」と併せて各職員の評価表としてご使用いただけます。無料テンプレートです。
人材育成

ケアラダー(キャリアビジョン)マニュアル テンプレート

ケアラダーとは、介護職務の内容と介護業務にかかわる介護職員に求められる能力行動特性を規定したものです。介護能力を客観的に把握し、上司と共に各段階を意識しながら自己研鑽と人材育成を目指します。これはそのマニュアルの無料テンプレートです。
人材育成

職務要件マニュアル テンプレート

各職員が自分の能力レベルを知り、能力開発に役立てること。職員が持てる能力を最大限に発揮し組織力を高めることを目標に各職務に求められる要件を一覧表にしたものです。組織が求める能力を明確にし、基準に満たない改善項目を育成能力開発するための基準になります。
人材育成

プリセプターシップの導入に向けてマニュアル テンプレート

新卒者及び中途採用者に対してプリセプターを担当に付け、業務遂行能力の向上と精神的サポートを行う。一人のプリセプティに対してプリセプターとアドバイザー(副主任)が一人ずつ付いて指導にあたる。これはそのマニュアルです。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました