カスタムパーツ

ミライースにハブリングは必要?どんな効果があるか解説!

車のカスタムの中で最も存在感を出しているのは
ホイールではないでしょうか。

ミライースのカスタムをしていく中で
ホイールを交換する人はかなり多いかもしれませんね。

 

ハブリングは社外品ホイールに交換する場合に
とても役に立つパーツなのです。

本記事では、ハブリングと名何かについてや
ハブリングのは必要なのかどうかについてもお伝えしていきます。

 

ハブリングとは?

 

ハブリングとは社外ホイールに交換したときに
ハブとホイールのセンターに隙間ができます。

ハブとホイールのセンターに隙間を埋めるために
ハブリングを取り付けるのです。

 

ちなみに、車外ホイールの場合はテーパーのホイールナットを使用していることが多く
ナットによりホイールのセンターを出すことが多いです。

車外ホイールでもセンターを出すことができるのですが
ハブリングでセンターを出すほうが確実に位置がズレることなく
ホイールを取り付けることができます。

 

ハブリングを取り付けるメリット

 

ハブリングを取り付けるメリットは
筆者が思いつく限りでは以下の通りです。

 

  • センターがブレない
  • 高速走行時に微振動が無くなる

 

ハブリングを取り付けることで車外ホイールに交換しても
センターがズレることが無くなります。

走りに関してのメリットは
高速走行時に微振動が無くなるということくらいですね。

 

ハブリングを取り付けるデメリット

 

ハブリングを取り付けるデメリットは
以下の通りです。

 

  • 純正ホイールを使う時に外す必要がある
  • まれに焼付いて取れない事がある
  • テーパー座のナットを使用しているなら意味がない

 

純正ホイールを使用するときは
ハブリングを外す必要があります。

なぜなら、純正ホイールを使用するときは
ハブリングが無くてもセンターがズレることがないからです。

 

ごく稀ですが、ハブリングが焼き付いて
取れないこともあります。

不要になって取り外すというときに
苦労する可能性もあるのです。

 

テーパー座のホイールナットを使用しているなら
無理をしてハブリングを買って取り付ける必要はありません。

どうせ、見える部分ではないので
ドレスアップ目的にはならないのです。

 

ハブリングが必要になるときって?

回転をする物体の中心には軸と言うものがあり
軸を中心に回転しているのです。

タイヤをストレスなく回転させるには車軸のハブとホイールの中央にある
センターはブの穴の中心に合わせることが大切といえます。

 

この中心をしっかりと合わせて作業をすることを
「センターだし」と呼ばれています。

車外ホイールの場合はセンター出しが上手くいかずに
中心がズレると走行中に振動が発生するのです。

 

場合によっては回転によって車軸に固定しているホイールナットが緩んで
ホイールが脱落するというケースもあります。

新車で買ったときに装着されている純正ホイールは
車軸のハブにキッチリはまるように設計されています。

 

ポイント

純正ホイールの場合は、誰が取り付けてもズレることなく
自然とセンターを合わせることができるのです。

車外ホイールの場合はテーパー座のホイールナットを使用していない場合は
ズレる可能性があるので純正ホイールのようにセンター出しをしたいなら
ハブリングを取り付けるほうが良いということになります。

 

ハブリングは必要?

車外ホイールに交換したら
ハブリングは絶対つけなくてはいけないわけではありません。

別に、ハブリングじゃなくても
テーパーナットならセンターが出るのでハブリングは不要です。

 

とはいえ、高速道路に乗る機会が多いとか
ハンドルのブレが気になるという場合は
ハブリングを取り付けてみるのも良いかもしれません。

 

ハブリングを付けると良いケースと言うのは
以下の通りです。

 

  • 良く高速道路に乗る
  • ハンドルのブレが気になる
  • ホイールを良く脱着する
  • 少しでも車の負担を減らしたい

 

失敗しないハブリングの選び方

ハブリングはホイールのセンターホール径に合った物を選ばないと
全く意味がありません。

ハブ径は車両のホームページでも探すことができますが
検索で「LA300S ハブ径」という感じで検索すれば出てきます。

 

ちなみに、ミライースのハブ径は「54mm」です。

ハブリングの径が分かれば
後はホイールと車体のハブ径にあった物を買うだけですね。

 

ハブリングにもいろいろな素材があるのですが
耐久性重視にするか価格重視にするかは
あなたの使用用途によって決めましょう。

 

まとめ

ハブリングはドレスアップ目的で付けるようなものではないので
必要な場合は取り付けますが不要なら無理して取り付ける必要のないパーツです。

ハブリングの役目は、車外ホイールを付けたときに
センターのズレを改善するために取り付けます。

 

ハブリングを取り付けることでセンター出しが簡単にできるので
重いタイヤを交換するときは便利かもしれません。

それでも、頻繁にタイヤ交換をしないなら
とくにハブリングの必要性はないような気もしますね。

 

-カスタムパーツ
-, ,