1. TOP
  2. ミライースの情報
  3. MOTAカーリースの口コミは本当?カーリースの不安を一発解消

MOTAカーリースの口コミは本当?カーリースの不安を一発解消

「中古車よりも新車に乗りたい!でもお金がない」

そういう時ってないですか?

 

お金が無い場合はカーリースを利用したくなるものですが
ネットでカーリースの口コミを見るとデメリットだらけで
良いことは全くないみたいに言われることが多いです。

 

確かに、カーリースを契約するくらいなら中古車を買って
我慢したほうが良いという意見もあるでしょう。

確かに、古い車でも良いと考えるなら
中古車でも良いと思えます。

 

しかし、中古車だと誰が乗っていたのかもわからないし
事故車の可能性も考えられますよね。

しかも、中古車の場合は新車と違って
いつ故障するのかもわからないのです。

 

そう考えると、新車のほうが良いと思えてしまいます。

新車を買う場合はどうしてもローンを組んで
諸費用も支払わないといけないでしょう。

 

しかし、カーリースの場合は諸費用も必要ないですし
自動車税や車検費用もコミコミなので
まとまったお金が必要ないというメリットもあるのです。

誰も乗っていない新車に乗りたいと考えるなら
ほしくもない中古車を買ってストレスをためる必要はありません。

 

「カーリースはデメリットだらけ」と一括りにされますが
MOTAカーリースはデメリットだらけなのかについてや口コミなども紹介していきます。

 

MOTAカーリースの口コミは真実?

MOTAカーリースは、それなりに利用している人がいるので
口コミは多数あります。

良い口コミや悪い口コミがありますが
どの口コミも個人の方が非常に多いので
参考になるのではないでしょうか。

 

MOTAカーリースの口コミを
調べてみました。

 

MOTAカーリースの良い口コミ

MOTAカーリースを実際に利用した人の意見は
とても参考になりますよね。

次は、MOTAカーリースを実際に利用した人の口コミを
紹介していきます。

 

東京都 nishiyan様
契約車種:ダイハツ ミライース
リース年:11年
オプション:新車延長保証付き・アクセサリーパック付き

もともと中古車に乗っていたところ、車検タイミングがあったので、初めてリースにしました!

KINTOやいろんなところと比較したのですが、今回MOTAカーリースで契約。
中古で買っていた時よりも手続きなどが面倒でなく、車も新車で本当におすすめです。

トヨタもホンダも選べたのですが、月額料金が安かったこともあり、結局ダイハツのミライースにしました!
料金も安いのでおすすめです。いまからお出かけするのが楽しみです!

 

埼玉県 lovecats様
契約車種:スズキ ハスラー
リース年:7年
オプション:新車延長保証付き・アクセサリーパック付き

前に新車で車を買ったときにあった手続きがなく、すごく手間なく車に乗り始めることができてよかった。

そして家計管理が圧倒的に楽。車検やメンテナンスなど突発的な支出があったときは、その月は外食を控えていたりしていたのが、カーリースだと月々の支出が決まっているのですごく助かる。

デメリットとしては、保険が別だったこと。そこも含めて全部やってくれたら嬉しかった。車のサブスクって今後流行りそう。

 

静岡県 tobu-man様
契約車種:トヨタ ライズ
リース年:11年
オプション:新車延長保証付き

テレビでCMとかもやっているカーリースですが、いままで正直よくわからなかったです(笑)。

ちょうど15年乗った中古車を手放すタイミングだったので、マイカーリースを調べてみると「これいろんな手間がなくて新車に乗れるし、いい所取りじゃん」ということで審査して即契約。

もともと車を短期で手放すこともない性格なので、11年プランにしました。コスモや他の会社も見たのですが、車の売却でもお世話になったMOTAさんにしました。

引用:家計も安心!諸経費全てコミコミの『MOTA定額マイカー』

カーリースは頭金が不要ですし
新車を買うときに必要な書類を集める手間も
余りないと言う声が多いです。

 

MOTAカーリースの良い口コミを見る限りでは
走行制限がないため旅行に出かけられると言う意見も別のサイトの口コミで見ました。

一般的なカーリースの場合は走行制限があるので
神経をすり減らして乗り続けることになります。

 

ポイント

しかし、MOTAカーリースの場合は走行制限がないので
神経をすり減らしながら乗り続ける必要はないのです。

MOTAカーリースを利用して
満足している人はかなり多いみたいですよ。

 

MOTAカーリースの悪い口コミ

MOTAカーリースの悪い口コミは
ほとんどありませんでした。

強いて言えば「任意保険が加入できない」ということですが
これは自分で任意保険に加入すれば問題はないでしょうね。

 

MOTAカーリースでも口コミを集めるために
アンケートを実施していると思われます。

しかし、残念ながら悪い口コミは表に出てないので
リース会社のアドバイスで解決できることが多いのではないかと予想します。

 

MOTAカーリースは走行距離の制限が無いですし
期間満了後に車がもらえるのでカスタムをしても問題はないのです。

 

ポイント

MOTAカーリースは一般的なカーリースのデメリットを
うまく解決しているのが魅力ですね。

MOTAカーリースは走行制限がないですし返却をしない前提なので
傷やへこみなども気にしなくても良いと言えます。

 

MOTAカーリースはデメリットだらけ?

 

カーリースと言えば、ネガティブな意見がかなり多いです。

カーリースを良く思わない人の意見は
「個人だと大損する」と言う声が非常に多いと思われます。

 

カーリースについてはネガティブな意見も
かなり多いように感じます。

営業妨害だと訴えるリース会社がないのも
少し疑問を感じるところですね。

 

ポイント

筆者は実際にカーリースを利用したことがありますが
声高々に「カーリースはデメリットだらけ」と言っている人は
実際にカーリースを利用したことが無い人が非常に多いように思えます。

理由としては、デメリットに関して、実際にカーリースを利用しているときに
経験したこと無いことも、まことしやかに書かれているからです。

 

それでは、カーリースを良く思わない人の意見を
一つ一つ潰していくことにしましょう。

 

カーリースが目指すのは買取金額の高さではない!

声高々に「カーリースはデメリットだらけ」と言っているサイトを見ると
「下取り」と「買取」の区別がついていないような気がしたので違いを先に説明します。

 

下取りとは?買取とは?
下取りとは、新車または中古車を買うときに
これまで乗り続けていた車をディーラーなどに引き取ってもらうことを言います。
買取とは、車を買うということに関係なく
直接車を売ってしまおうということです。買取店の場合は、中古車で販売するか
海外で販売するかなど販売するルートが
ディーラーよりも幅広いケースが多いです。

 

おもに、ディーラーで下取りをすると
買取店よりも安くなることが多いのです。

「カーリースだから買い取り値が安い」というのは
ちょっと違うようなきもします。

 

ディーラーよりも高く買い取ってもらえることが多く
筆者はディーラーよりも買取店で車を売ることをおすすめします。

とはいえ、カーリースは車の買取金額の高さにこだわりをもっているわけではなく
リーズナブルな金額で新車に乗れて快適なカーライフを送ってもらうことを目指しているはずです。

 

また、これまで乗り続けていた車を
引き取ってもらうというのはディーラーでもおすすめできません。

買い取り専門店で
買い取ってもらうようにしましょう。

 

MOTAカーリースは、カーリースだけではなく
中古車も買取をしているので普通のリース会社と違います。

買い取り専門店の「MOTA車買取」を、利用すると良いでしょう。

 

MOTAカーリースは途中解約以外の違約金は不要!

一般的なカーリースは傷・へこみを付けるとか
内装を汚したり傷を付けたりすると返却時に違約金を請求されます。

返却をするときは下まわりもチェックされるので
底を擦って傷をつけても違約金の対象になります。

 

そう考えると、確かに一般的なカーリースは
神経をすり減らして乗り続けないといけないですよね。

また、自然災害による水没・地震などによって
車が全損した場合でも不可抗力ですが違約金の対象になるのです。

 

「家族が増えたからミニバンをリースしようかな」

 

そう考えても、走行距離制限を気にすることで神経をすり減らしてまで
乗り続けるのは嫌だと考える人も多いのでしょう。

 

しかし、MOTAカーリースは
そういう心配は一切必要ありません。

 

ポイント

なぜなら、MOTAカーリースは「一般的なカーリース」とは違い
期間満了になると自分の車になるので走行距離も気にせずに
乗り続けることができるからです。

返却をしなくても良い前提なので走行距離を気にして
神経をすり減らして乗り続ける必要もありません。

 

通常通りの快適なカーライフを
満喫していただければ良いでしょう。

つまり、MOTAカーリースも神経をすり減らして
乗り続けないとダメなのかといえば、そうではないと言えます。

 

カーリースの大革命!MOTAカーリースはここまでできる!

カーリースは基本的にリース会社の車なので
改造はできないのが常識です。

返却前提のカーリースの場合は
「改造は禁止」と言う規約がかかれていることが非常に多いです。

 

全てのカーリースが「改造は絶対ダメ!」と言うわけではなく
期間満了時に自分の車になる場合は改造はOKと言うケースが多いです。

今でも「カーリースは改造がダメ」と言うイメージが強く残っているので
改造をすることがダメだという情報がネット上にたくさんあります。

 

ひどい場合は、カップホルダーの後付けも
禁止しているというネット情報も嘘か本当か怪しいですが見かけたことがあります。

確かに、改造をするお金があるなら
中古車を買ったほうが良いという意見もあるかもしれません。

 

しかし、新車が欲しいという人も中にはいるでしょうし
全てのカーリースが「改造禁止」ではないということも捕捉しておきましょう。

返却前提のカーリースは、利用規約に「改造禁止」ということが記されていますが
MOTAカーリースは「改造OK」と公式サイトの見えるところに記載されています。

 

なので、ほしくもない中古車を買って
カスタムをするよりも、本当にほしい車に乗ったほうが
楽しいカーライフを送ることができると思いませんか?

確かにリース車をカスタムすると
「他人の車だぞ」と言う意見もあるかもしれません。

 

ウソだと思うならMOTAカーリースの公式サイトに
「改造OK」と記載されているのでご確認ください。

 

返却前提なら走行距離の制限に気を付けないといけない!

一般的なカーリースは契約時に
走行距離の上限を決めます。

たとえば、「定額カルモくん」と言うカーリースの場合は
走行距離月平均が均1,500kmとなっています。

 

通勤をするときの往復26kmの場合でも
月に1,500kmに到達するのは難しいです。

たとえ、土日に15km走行したとしても
1,500kmにはなりません。

 

しかし、頻繁に土日に100km以上の距離を走る場合は
走行距離の上限を超えるので、頻繁に出かける人は
一般的なカーリースは向いていないかもしれません。

返却前提のカーリースなら設定している走行距離の上限を超えた場合は
違約金を支払う必要があります。

 

確かに、そういう場合は「そんな状況下でどんなカーライフを送るのか?」と
疑問を感じてしまうかもしれません。

 

「走行距離の上限を超えるから遊園地にはいかないでおこう」

 

などなど、レジャー施設に行く計画をしていたのに
途中で気が変わりそのようなことを子供の前で言うと
小さいお子様の場合は理解できないのでギャン泣きしますよ

しかしご安心ください。

 

NOTAカーリースは「走行距離の制限が無い」ので
頻繁に遠出ができますしお子様と楽しく日帰り旅行も可能なのです。

無理をしてほしくもない中古を買って
ディズニーランドに行く途中に車が故障したなんてことも考えられます。

 

そうなると、せっかく楽しみにしていた
レジャー施設に行く計画も台無しになってしまい
お子様も悲しい気持ちになってしまうことでしょう。

筆者も過去に中古車を何度も買っていますが
故障のリスクが無いとは限りません。

 

車は機械の集合体なので中古だと前オーナーが
どういう使い方をしていたのかもわからないのです。

しかも、ほしくもない中古車を無理して買って
ストレスをためるよりも心から気に入った新車を買って
ドライブに出かけるほうが楽しいはずです。

 

だからこそ、走行制限のないMOTAカーリースで
あなたが欲しいと思う新車を手に入れて楽しいカーライフを送ったほうが良いでしょう。

 

リース期間満了時は残価の差額を支払うって本当?

残価設定ありのカーリースを利用する場合は
5年、7年、9年という感じでリース期間が設定されています。

設定しているリース期間が満了してから
リース車の価値がどれくらいなのかを
契約時にあらかじめ設定するのです。

 

たとえば、200万円の車を5年リースで借りた場合は
5年後の価値を30万円と設定すると170万円となります。

残価設定ありのカーリースの場合は170万円の車両価格をもとに
毎月のリース料金が算出されることになるのです。

 

残価については選ぶ車種やグレード、ボディカラーという感じで
残価設定金額も違ってきます。

 

ネットで言われる「巧妙な手口」と言われているのが
残価設定で「お得に見せる手法」というものです。

返却前提のカーリースの場合はあらかじめ下取り金額を差し引いているので
総支払金額が安くなっているような錯覚も起きるでしょう。

 

ですが、以下のようなことに対し金利手数料が、決定されているのです。

 

「新車価格+諸経費+契約期間内にある車検代+メンテナンス代+契約期間内の自動車税数年分」

「支払価格は数年後の買取値段から差し引いているのでは?」

「メンテナンス代や自動車税などは金利がないはず」

 

たとえば、返却前提のカーリースの場合は
車両本体が安くなっているような錯覚が起きます。

それを狙ったやり方が、「返却前提のカーリースの手口」なのです。

 

さらに、返却前提のカーリースは月々の支払いをしていたはずなのに
期間満了でさらに買い取り値段を算出しお金を取ろうとします。

ここまで説明すると、「カーリースはデメリットだらけだな」と
そのように勘違いしてしまうかもしれませんね。

 

ですが、これはあくまで「返却前提」で考えられた
カーリースがお金を儲けるための手法なのです。

最終的に自分の車になるカーリースの場合は
返却前提ではないので途中解約ではない限り
約金の発生は考えられません。

 

ポイント

実はMOTAカーリースの場合は最終的に車がもらえる前提なので
期間満了時は追加料金は不要です。

しかも、期間満了時は自働的に自分の車になるので
返却をする必要はないですし買取をしなくても良いので
余計な出費がかからなくてありがたいですよね。

 

実質、ローンを組んで車を買ったのと同じで
最終的に自分の車になるのはうれしい限り。

「でも、メンテナンス費用や自動車税に、金利がかかるんでしょ?」

 

メンテナンス費用や税金の面についても疑問があるかもしれませんが
MOTAカーリースは「メンテナンス無し」を選べるのです。

なので、金利が気になる人は
「メンテナンス無し」を選ぶと良いかもしれませんね。

 

途中解約は違約金の対象になる

途中解約は、いかなる理由があっても違約金の対象になります。

たとえば、津波によって車が全損してしまった場合も
強制的に途中解約となります。

 

そうなると、残念ですが違約金を支払わなければいけません。

違約金は残りの期間と月々の支払いを計算して出た答えが
違約金の金額となります。

 

違約金には手数料が
多く含まれている場合が多いです。

自然災害や自分が悪くない事故で
車が全損しても違約金を支払わなければいけないのです。

 

自分が悪くないのに
違約金を支払うのは本当に馬鹿馬鹿しいと思いませんか?

任意保険に加入する場合はカーリースに特化した
自動車保険を選んだほうが良いかもしれませんね。

 

実はローンで新車を買った車で事故を起こしても同じ結果になる!

 

筆者はカーリースで事故を起こした場合も
ローンで新車を買った場合でも同じ結果になると考えています。

 

たとえば、ローンで新車を買ったら任意保険に加入をしますが
全損事故の場合は保険だけでは対処できないケースもあります。

もし金額的に足りない場合は
残ったローンの金額を毎月支払うことになるのです。

 

つまり、ローンで車を買ったとしても
自然災害で車が全損したから支払わなくて良い理由にはならないということですよ。

 

「カーリースに騙されるな」と言われる理由

昔のカーリースは個人リースに関する広告に
「月々定額」という金額だけを強調した物が多かったです。

たとえば「月々1万円」と言いながら実査に契約をすると
1万円で乗ることができなかったりも実際にあったという情報もあります。

 

月々1万円で乗るためには「ボーナス払い」を選択する必要があり
ボーナス払いがない場合は月々1万円では乗ることができないというリース会社は多かったようです。

さらに、悪質なケースではリース終了後の返却時に
残価の清算が必要である条件の表示がない場合も多くみられました。

 

実際に、カーリースを契約する場合はホームページで
ボーナス払いがあるかどうかをチェックしましょう。

コスモのカーリースやオリックスのカーリースは
しっかりと見えるように「ボーナス払い」を選択できるようになっていました。

 

もちろん、MOTAカーリースもボーナス払いの選択などの項目が
とても分かりやすく表示されています。

ボーナス払いではない通常の支払いと分かるようにしているのは
筆者の知る限り上記のカーリース会社だけでした。

 

リース中の故障は保証がある?

カーリースのほとんどは、新車でのリースですよね?

ネット情報を見るとカーリースは「修理をメンテナンスと言う表現に変えている」と
そのような意見も見受けられます。

 

実際に筆者はカーリースで日産・デイズをレンタルしたことがあり
納車して1週間くらいでオートエアコンのボタンを押しても操作ができない状態になりました。

 

ポイント

筆者は故障したリース車を近くの日産ディーラーにもっていき
修理をしたのですが新車補償は受けられるということを
日産の営業マンから聞いたことがあります。

たとえば、新車を買って数週間後に東京から広島県に転勤となると
お世話になっていたディーラーともお別れなりますよね。

 

でも転勤先のディーラーで新車補償を
受け継ぐことができるのです。

ということは、説明するまでもないと思いますが
カーリースも同じで故障したらディーラーに持ち込めば
新車補償が受けられるので無償修理となるのですよ。

 

カーリースしている納車して間がない新車のパワースライドドアが
急に故障して修理代15万円かかるっていう情報があればそれはデタラメです(笑)

実際は、新車補償があるので
修理費は必要ないのです。

しかし、新車補償の期間が過ぎているなら、当然受けられません。

 

 

 

カーリースは個人が利用すると損をするはウソ!

月々1万円で乗れるカーリースの車は
ボーナス払いが前提の場合が多いです。

たまに見かける情報で、月に1万円で乗れる車は「何もついていない」という
デタラメを平気で書いているネット情報もあります。

 

実際に、「ボーナス払いあり」で月々1万円で乗れる設定にするのは
筆者の知るオリックスのカーリースでは月々1万円で乗るのは難しいです。

 

ポイント

MOTAカーリースで「ミライース・グレードB」を選んで
「ボーナス払いあり」に設定し「メンテナンスパックなし」11年リースにしたら
月々の支払いは「5,830円」となりました。

そこから、オプション(ナビ・ETC・ドライブレコーダーなど)を付けると
「ミライース・グレードB」の場合は月々の支払いが「7,150円」でした。

 

カーリースを個人で利用する場合は制限が多いというイメージが強いので
「カーリースは個人では大損する」ということが広く伝わってしまったのでしょうね。

ですが、MOTAカーリースは返却前提のカーリースと違い
カスタムも自由にできますし期間満了時に買取か返却をしなくても良いのです。

 

そう考えると、永久に同じ車に乗り続けたいという人は
MOTAカーリースが一番向いているのではないかとも思ってしまいますね。

 

実際に、一部の悪質な業者のせいで
真面目にカーリースのサービスをしている会社まで悪く言われることが多いです。

カーリースを利用する目的は、人それぞれでしょう。

 

筆者の場合は、新車に乗りたいという目的で
カーリースを利用していたことがあります。

その背景には「ディーラーはローンの審査が通りにくい」というのがあったので
カーリースを利用したのです。

 

さらに、中古車は10万円くらいの車だと
故障する可能性が非常に高いく故障しない車のほうが
圧倒的に少ないという経験があります。

 

まとめ

人によっては、中古車でもハズレを引く人はたくさんいるみたいなので
一括りにして「カーリースは損をする」というのは誰もが当てはまるわけではないと言えますね。

たとえば、通勤にしか使わないという人なら
新車をローンで買うのはお金の無駄に思えてなりません。

 

あまり車を使わないなら数年後に
返却できるタイプのカーリースでも十分かもしれませんね。

確かに、中古車を一括現金で買うことができるなら
そのほうがお金がかからないのでお得でしょう。

 

実際にまとまったお金がないという人のほうが多いし
見栄なしで言えば、一括現金で新車を買える人は極めて少ないのが現状ではないでしょうか。

筆者のようにローンの審査が通りにくいという人は
カーリースを利用するのに最適だと感じます。

 

走行距離や傷やへこみなどを気にしたくないというなら
MOTAカーリースが一番おすすめだと感じます。

↓↓    ↓↓

 

走行距離無制限のカーリースを紹介


「カーリースよりも中古車のほうがマシ」

あなたは、そう思ってませんか?

中古車は故障する可能性がありますし 修理も保証がない場合が多いです。

カーリースで新車契約すると
万が一の故障でもメーカー保証が受けられます。

当たり前だけど
知らない人もいるので一応説明しました。

MOTAカーリースは

・走行距離制限なし!
・車のカスタムOK!
・修理費請求無し!
・ボーナス払いOK!
・最終的に自分の車になる!

車検費用も自動車税も月々の支払いにコミコミなので
まとまった出費がないのがうれしい限りです。

ただ、一般的なカーリースのデメリットしか知らない人は
以下のサイトでMOTAカーリースを知ってください。

\ SNSでシェアしよう! /

ミライース専科の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライース専科の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • MOTAカーリースと中古車はどっちを選ぶべき?メリットデメリットを紹介

  • MOTAカーリースの他とは違う6つの特徴を紹介!カスタムをしても良いって本当?!

  • カーリースのメリットとデメリットは?リース車に向いている人はどんな人?