1. TOP
  2. 自動車保険
  3. カーリースしている車両で事故を起こすとどうなる?契約は強制解約になるのか

カーリースしている車両で事故を起こすとどうなる?契約は強制解約になるのか

車を運転していると事故に巻き込まれたり
事故を起こしてしまったりする可能性があります。

リース車を運転していて事故を起こした場合は
一体どうなるのかを考えると不安になる人もいるのではないでしょうか。

 

どんなに用心深く運転をしていても
相手が事故を起こしてくる可能性もあります。

もし、リース車で事故を越してしまった場合は
どうなるのかや事故の対処方法について紹介をしていきます。

 

カーリースしている車両で事故を起こすと契約はどうなる?

カーリースとは簡単に説明すると毎月定額を支払い車をリース会社から
借りるというサービスです。

一般的なカーリースは契約満了時に車をリース会社に返却するか
最終的に車をもらえます。

 

ですが、契約期間中に事故を起こしてしまうと
一体どうなるのか2パターンの事故の場合を想定してみていきましょう。

 

修理可能な一部損傷の場合

カーリースで借りている車で事故を起こしてしまった場合でも
一部損傷しているだけで走行ができる場合は、リース契約の影響はありません。

車の修理費はリース料金に含まれていないので
契約者が修理費用を負担するしかないのです。

 

修理方法については契約内容に記載されていますが
分からない場合は各リース会社に問い合わせてみると良いかもしれません。

事故を起こして相手に怪我を負わせた李車に損傷を与えている場合は
治療費や修理費の支払いが発生するでしょう。

 

また、逆に相手にぶつけられた場合も同じく
分からない場合はリース会社に問い合わせるしかないです。

逆にぶつけられた場合は
相手が修理費も治療費も出してくれるので問題はあまりありません。

 

双方の過失割合に応じて
修理費用や治療費を相手から請求することができます。

 

全損して動かなくなった場合

事故で全損してしまいカーリースで借りている車が動かなくなったら
その時点でカーリースの契約は強制的に解約となります。

その場合の清算方法については、リース会社の契約内容に基づき
違約金が決まります。

 

一般的に違約金の額は残りの期間分のリース料と
契約時に設定した車の残価により違約金を決定します。

違約金の金額には事務手数料も含まれた
合計金額となります。

 

解約手数料が発生することも、考慮していたほうが良いでしょう。

 

ポイント

事故を起こしてしまった場合で相手に怪我をさせてしまった場合は
違約金にプラスして慰謝料が発生する可能性もあります。

逆の場合も強制解約することになるので
残念ながら違約金を支払わない蹴ればいけません。

 

自然災害でカーリースの車が動かなくなった場合

自然災害で水没をしたり土砂崩れで車が使用できなくなるという状況も考えられますが
残念ながら、車が使用できなくなった時点で強制解約となります。

自然災害という、どうしょうもない状況で
車が使用できなくなる場合は悔しいですが違約金を支払うしかないのです。

 

カーリース専門の保険に加入していれば
違約金のリスクを低くできます。

 

リース車の損傷部分は勝手に修理しても良い?

カーリースしている車で事故を起こしてしまった場合は
事故の規模や車の状態にかかわらず契約しているカーリース会社に
必ず連絡を入れるようにしたほうが良いです。

事故を起こした場合はカーリース会社に連絡をしないと
契約違反になり契約満了時にトラブルになる可能性があります。

 

かりに、事故でなくても傷やへこみを入れてしまった場合でも
カーリース会社に連絡をしておきましょう。

カーリースしている車で事故を起こした場合は
勝手に修理をしないほうが良いです。

 

カーリース会社は指定する工場で修理するように
指示をするケースが多いので勝手に修理をすると契約違反となり
追加料金が発生する可能性も考えられます。

リース契約は「残存価格」が、必ず設定されています。

 

残存価格というのはリース期間が満了して車を返却するときの
車の価値のことを言います。

分かりやすく言えば、契約している車を下取りにしたときの
予想金額と考えたほうが理解しやすいでしょう。

 

ポイント

この残存価格というのはカーリースしている車が事故や故障がない状態で
リース期間終了まで使用されることが前提となっています。

返却時に事故や故障などにより修復歴が残ってしまったり
車に傷がついてしまった場合は残存価格に満たないと判断されてしまいます。

なので、傷やへこみが車についてしまった場合は
カーリース会社に連絡をしたほうが良いということです。

 

カーリースしている車の事故はリース会社に連絡をしないとダメ?

もし、カーリースをしている車で事故を起こしたり巻き込まれて
車が損傷してしまったら状態の大小にかかわらずリース会社に連絡をしないといけません。

これは、契約者に義務であり契約内容にも
しっかりと含まれているものなのです。

 

これを怠った場合は契約違反となる可能性があるので
注意が必要です。

たとえば、相手がいない自損事故の場合であっても
必ずリース会社に連絡をしなくてはいけません。

 

もちろん、もらい事故であっても
リース会社に連絡をしないといけないのです。

仮に事故でなくても車に傷やへこみを発見した場合は
状態の大小にかかわらずリース会社に報告をしたほうが良いでしょう。

 

ポイント

小さい傷でも報告義務違反で契約解除や
期間満了時に清算金が発生する可能性があります。

なので、必ずリース会社に
報告をしたほうが良いのです。

 

事故現場でやらないといけないこと

 

万が一事故を起こした場合にやるべきことは
カーリースで利用している車でも所有している車に間違いはありません。

次はリース車で事故を起こした場合に対応や連絡について
お伝えをしていきます。

 

事故現場での流れ

事故を起こしてしまった場合や巻き込まれた場合は
相手の人と話し合いや賠償金の交渉など任意保険に加入していれば
保険会社がすべて代行をしてくれます。

事故を起こしてしまった場合は
どのようにすればよいのかもアドバイスしてくれるでしょう。

 

また、警察や消防への連絡が完了したら
保険会社に連絡をして指示を聞いて行動をしましょう。

具体的な流れは、以下の通りです。

  1. 車をほかの交通に妨げにならないように移動させる
  2. 後続車の追突防止のために危険防止処置をする
  3. けが人がいる場合は救護をして必要があれば消防に連絡をする
  4. 警察に連絡&保険会社に連絡をする
  5. リース会社に連絡をする
  6. 事故状況を記録する
  7. 相手の連絡先を確認する

 

万が一の時を考えたおすすめのリース専用自動車保険

新車を買うときに加入をする「自賠責保険」「任意保険」があり
自賠責保険は強制的に加入する保険です。

自賠責保険は被害者量に対しる最低限の補償しか用意されていないので
万が一の時のために任意保険にも加入をしておくべきでしょう。

 

これはリース車にも、同じことが言えます。

カーリースをしている車にも任意保険を加入しておくべきですが
手続きが面倒だという理由で先延ばしにしている人もいるのではないでしょうか。

 

先延ばしにしていては、万が一事故を起こしたり巻き込まれたりしても
対応ができなくなります。

リース車を利用しているなら
カーリース専用の保険がおすすめです。

 

お得に便利にサポートしてくれる
カーリース専用の保険会社を簡単に紹介していきます。

 

カーリース・オンライン

カーリース・オンラインはオリックスカーリースが
おすすめしているリース専用の保険プランです。

ソニー損保のダイレクト自動車保険に関しては
16年連続で売り上げナンバーワンです。

 

オリックスが提携しているソニー損保の自動車保険の支払いは
「1回払い」「11回払い」のどちらかを選べます。

保険料は走行距離に合わせて設定して免許証・運転者限定・新車・くりこしなど
割引サービスもあります。

 

事故の解決方法を納得できる方法でサポートしてくれるので
サービスに関しては安心できるでしょう。

 

オートフラット

オートフラットは出光オートフラット専用の自動車保険サービスで
車両代金・車検費用・メンテナンス費用・税金・自賠責保険料など
月々支払っているリース料金に含めることができます。

条件によっては
年間20万円を超える任意保険もあるのです。

 

出光オーとフラットは保険料も車の使用料金に
一本化できるので煩わしさがないというメリットがあります。

ただ、リース料金と自動車保険の料金を一本化するには
出光オートフラットを利用する以外はありません。

 

カーリースの契約期間に合わせて3~5年単位で契約できるので
かなりメリットは大きいといえます。

万が一事故を起こしたり巻き込まれて保険を適用したとしても
契約期間中は保険料がアップすることがないのも魅力的ですね。

 

もし、車が使用できなくなるような事故であっても
途中解約が強制され解約金を保険で補償されるので安心です。

 

まとめ

基本的にリース車はリース会社が所有者となるので
車は大切に乗らないといけません。

他人の車という意識をもって事故を起こさないように
慎重な運転を心がけたいものです。

 

とはいえ、自分自身が安全運転を心がけていても
信号無視をしてきた車に横からぶつけられることもあります。

さらには、左右確認もしないでいきなり側道から本線に入ってくる
死に急ぎ野郎も、実在しているので任意保険の加入は絶対したほうが良いでしょう。

 

万が一、全損して車を使用できない状態になったときのためを考えて
カーリース専用の保険に加入をしていたほうが良いでしょう。

無料の自動車保険一括見積もりサービスを探しているなら
自動車保険見積もりのインズウェブ」がおすすめです。

 

カーリースについては、以下のページで
詳しく解説しているので読んでみてくださいね。

↓↓      ↓↓

カーリースはやめとけ!個人じゃないとメリットが無いというのはウソ!

 

走行距離無制限のカーリースを紹介


「カーリースよりも中古車のほうがマシ」

あなたは、そう思ってませんか?

中古車は故障する可能性がありますし 修理も保証がない場合が多いです。

カーリースで新車契約すると
万が一の故障でもメーカー保証が受けられます。

当たり前だけど
知らない人もいるので一応説明しました。

MOTAカーリースは

・走行距離制限なし!
・車のカスタムOK!
・修理費請求無し!
・ボーナス払いOK!
・最終的に自分の車になる!

車検費用も自動車税も月々の支払いにコミコミなので
まとまった出費がないのがうれしい限りです。

ただ、一般的なカーリースのデメリットしか知らない人は
以下のサイトでMOTAカーリースを知ってください。

\ SNSでシェアしよう! /

ミライース専科の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライース専科の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • カーリースは地方の女子大学生でも利用できる?本当に中古車で大丈夫?

  • カーリースとマイカーローンどっちがおすすめ?費用はどっちが安い?

  • カーリースのメリットとデメリットは?リース車に向いている人はどんな人?