1. TOP
  2. ミライースの情報
  3. MOTAカーリースの他とは違う6つの特徴を紹介!カスタムをしても良いって本当?!

MOTAカーリースの他とは違う6つの特徴を紹介!カスタムをしても良いって本当?!

車を定額制で利用できるカーリースですが
やはり、一番安い料金でリースしたいものです。

最近では、格安・激安というキャッチコピーで
カーリースを宣伝する業者も増えてきました。

 

カーリースを利用しようと考える人からすれば
「安かろう悪かろうなのでは?」と不安に感じるのではないでしょうか。

今回は、カーリース会社の選び方やデメリットだらけなのかどうかなども
紹介をしていきます。

PR

【頭金ゼロ!】お好きな新車に月々1万円から乗れる『MOTA定額マイカー』

カーリース会社はどのようにして選べば良い?

車を一定の金額で利用できるのは
どのカーリース会社も同じです。

しかし、カーリースによっては同じ車種でも値段が違ったり
サービスも全く違っていたりします。

 

カーリース会社は非常に多いので
どのリース会社を選べば良いのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

リース会社では、あなたが気に入った車種であるかどうかはもちろんですが
後々、車をもらえるのが良いのか毎回違う新車に乗りたいと思っているのかによって
カーリース会社の選び方も違ってきます。

 

カーリース会社の選び方について
以下のようなポイントをチェックすべきです。

  • 契約満了後に車はもらえるのか
  • 契約期間は選択できるのか
  • メンテナンスサービスの有無を選べるか

などなど、具体的にお伝えしていきます。

 

契約満了後に車はもらえるのか

カーリースの多くは、一定期間の間だけ新車に乗って契約満了後に
車を返却するという流れです。

新車を買ってもすぐに飽きてしまう人や単なる足として車を使用したい人なら
最終的に車を返却するタイプのカーリースが良いでしょう。

 

しかし、カーリースは契約満了時に、必ず車を返却しなくても良い業者もあります。

いつまでも乗り続ける相棒として車を所有したいという場合は
契約満了後に車がもらえるタイプのカーリースが良いでしょう。

 

あなたが望むカーライフによっても
選ぶカーリースのタイプも異なります。

 

契約期間は選択できるのか

年単位で契約ができるカーリースがほとんどですが
契約プランが選択できるかどうかもチェックポイントとなります。

契約期間が長いとカーリースの料金が、安くなる傾向があります。

 

たとえば、MOTAカーリースの契約期間は
以下のような感じです。

  • 5年リース
  • 7年リース
  • 11年リース

このように、カーリース会社の多くは決まった契約年数を選べて
ライフスタイルに応じた支払いが可能になっています。

 

なので、選択肢が多いカーリースほど
あなたのライフプランに合わせることができるのです。

 

メンテナンスサービスの有無を選べるか

カーリースを利用するかどうか検討している人の中には
点検や車検など、エンジンオイル交換などのメンテナンスの費用について
心配になるのではないでしょうか。

カーリースによっては強制的に「メンテナンスパック」が付くようになっていて
定期的な点検やメンテナンスをするようになっています。

 

「オリックスカーリース」の場合はエンジンオイルの費用は
無料の券を納車と同時に発行してくれます。

定期的にエンジンオイルを無料券を使って
指定された工場で整備点検をしてもらうようになっています。

 

無料券といいながら、メンテナンス費用や税金、車検日硫黄などは
月々の支払いに含まれています。

基本的にリースなので、車検費用も自動車税も
支払う必要はありません。

 

デメリットとして指定された工場が
日曜日が休みという場合は月曜日から土曜日まで働いている人にとっては
かなり最悪な条件となっていますね。

筆者も、オリックスのカーリースを契約して指定工場でエンジンオイルを交換していたのですが
日曜日は休みということで、かなり困った経験があります。

 

MOTAカーリースはメンテナンスパックの有無を選べるので
その分、毎月の支払いが安くできます。

色々とあるカーリースの中で月々の支払いが安いとされる
MOTAカーリースを紹介していきます。

 

MOTAカーリース5つの特徴

カーリースは頭金0円でボーナス払いがない
定額で好きな国産の新車に乗ることができるサービスです。

サブスク(サブスクリプション)という言葉を最近よく聞きますが
カーリースも車のサブスクです。

 

カーリースの多くは契約満了時に車を返却しないといけないので
カスタムが大好きな人にとっては辛いことが多すぎますね。

MOTAカーリースは従来のカーリースとは違い
我慢しないでカスタムを楽しむことができるサービスなのです。

 

MOTAカーリースの特徴を5つ紹介していきます。

 

特徴1:契約満了時に車がもらえる!

MOTAカーリースで車のカスタマイズができる理由は
契約満了したときに「車がもらえる」からです。

さらに、追加料金なしで車がもらえるので
かなりお得なサービスだといえます。

 

ずっと気に入った車に乗り続けたいという人には
最適なカーリース会社です。

通常のカーリース会社の場合は契約満了時になると
車を買い取るか返却するかを選べることが多いです。

 

買い取る場合でも新車に近い金額を支払わされることが多いので
通常のカーリースでは返却を選ぶ人のほうが多いのではないでしょうか。

MOTAカーリースでは買取ではなく「契約満了時に車がもらえる」ので
契約満了時はそのまま車をもらっても別途料金は発生しないのです。

 

なので、「車のカスタマイズが可能なカーリース」なのです。

 

特徴2:契約や最長11年でもOK!

カーリースの契約期間というのは
リース会社によっても設定できる契約期間は異なります。

どちらにしても、契約期間は契約者が決めることができるので
月々の支払いが苦しくないプランを選べるのがカーリースのメリットでしょう。

 

もちろん、契約期間が長くななればなるほど
月々のカーリース料金は安くなります。

契約期間をたくさん選べるカーリース会社のほうが
自分のライフスタイルに応じたプランを選べるので
月々の支払いに苦労しなくてすみます。

 

MOTAカーリースも以下の3つの契約期間を決めることができるので
あなたのライフスタイルに応じた選択が可能です。

  • 5年リース
  • 7年リース
  • 11年リース

「カーリース会社はデメリットだらけ」と言われていますが
その中の一つで契約期間中は解約できません。

 

契約をする前の段階で「月々の支払いで生活が圧迫しないか」を考えて
車を選ぶようにしましょう。

筆者の場合は複数の車を候補に入れて
新車を選ぶようにしています。

 

たとえば、筆者の場合は「カローラスポーツ」「ヤリス」「Mazda2」と
3車種を候補として、どの車をリースしようか考えるようにしています。

つまり、欲しいと思っている車種を1つの絞るのではなく
あらかじめ2車種以上の車を候補にしてリース料金を見て考えるようにしたほうが良いでしょう。

 

ただ、候補に挙げている複数の車のリース料が高く生活を圧迫させる可能性がある場合は
妥協して車格を下げることも検討したほうが良いかもしれません。

しっかりと計画を立てて、利用するようにしましょう。

 

特徴3:国産車全メーカーを選ぶことができる

一部のカーリースは選べる車種が決まっていたり
選べないメーカーもあったりします。

ですが、一般的なカーリースの場合は
ほぼすべての国産メーカーやグレードに対応していることが多いです。

 

MOTAカーリースは国産メーカーであれば
どんな車種でもリースできます。

MOTAカーリースでは選べない国産がないので
希望の車種やグレードを指定して見積もりができます。

 

ただし、商用車は除きます。

 

特徴4:維持費は支払い金額に全て入っている

車をリースして利用している場合は
維持費はどうなるのか不安に感じるのではないでしょうか。

車の維持費は月々の支払いに含まれているので
維持費は基本的に不要という形になります。

 

たとえば、車検や自動車税は月々の支払いに含まれているので
契約満了時で、車がもらえるまでは不要となります。

車を返却して、別のリース車を再契約するなら
維持費は月々の支払いに含まれるので
車の維持費に悩まなくてすみます。

 

「維持費に悩むくらいならカーシェアが良いんじゃね?」と
そう思う人もいるでしょう。

確かに、都市部の場合は電車通勤をする人のほうが多いですし
自働車はあるほうが邪魔なだけということがあります。

 

筆者も尼崎に1年住んでいたことがありますが
自働車は半年に1度乗るか乗らないかでした。

ほとんどが公共交通機関を利用していたので
車はあるだけ邪魔だったという印象です。

 

しかし、田舎や中途半端な地域の場合は
車は必須でありカーシェアを利用するほうが高くなります。

田舎や中途半端な地域の場合はカーリースを利用するほうが
結局は安く抑えることができるのです。

 

車を維持するのに必要な車検・税金・メンテナンス費用など
毎月の支払金額に入っているので急な出費がなく
家計の管理も安心できます。

 

特徴5:頭金不要

ポイント

カーリースは基本的に頭金が不要で
車を所持することができます。

ローンを組んだ時や残クレの場合は
頭金が必要です。

 

ローンや残クレとカーリースの違いは
頭金があるかないかの違いとなります。

金利の実質年率は4.9%。5年ローンで新車を買ったときと
カーリースで車をリースしたときの比較は以下の通りです。

 

※以下はMAZDA2/15S PROACTIVE S Package(2WD 6EC-AT)の例です。

ローン支払い(マツダスカイプラン61回(ヶ月)MOTAカーリース支払い(11年)
車両本体価格1,903,000円1,903,000円
頭金100,000円なし
諸費用181,860なし
リサイクル料金8,110円なし
自動車取得税13,848円なし
自動車重量税36,900円月々の支払いに含まれています。
自動車税(環境性能割)31,100円
自賠責保険(37ヶ月)30,170円
月々の支払い25,199円27,390 円(税込)

 

自動車ローンは月々の支払いは安いですが
それまでにいろいろな費用が必要になります。

ローンを利用するといっても
頭金が必要になるのでまとまったお金はどちらにしても必要になります。

 

カーリースの場合は月々の支払いは
ローンよりも高いですがその代わり車検費用や
自動車税などの支払いは月々支払っているのでまとまったお金は不要です。

 

カーリースはデメリットだらけなの?

結論から言えば、メリットもあればデメリットもあります。

カーリースのメリットは大きいですが
デメリットはそれほど問題ではないように感じます。

 

ネット上ではカーリースのデメリットと勘違いしている人もいるようなので
一つ一つ、デメリットの勘違いを紐解いていきましょう。

 

デメリットと勘違い1:カーリースで下取りに出すよりディーラーのほうが高値で買い取る

結論としては、下取りにする車がある場合は
買い取り専門店に買い取ってもらったほうがディーラーよりも
高く買い取ってもらえます。

カーリースでも下取りをしてもらえますが
筆者は買い取り専門店以外はお勧めしません。

 

デメリットと勘違い2:傷や汚れは新車以上に気にしなければならない事

いやいや、車を所有するという基本が
メンテナンスや洗車なので傷や汚れは
自分の車・他人の車とか関係なく気にしないとダメでしょう。

カーリースだからと言って洗車をしないという人もいますが
他人の車だという意識をもってリース車を利用しないといけないのは同意します。

 

とはいえ、車を所有する以上は傷や汚れは気にするべきなので
これはデメリットにはなりません。

 

デメリットと勘違い3:走行距離も走りすぎないように常に気を配らない

一般的なカーリースの場合は
走行距離に制限があることが多いです。

もし、契約に書かれている走行距離を超えると
追加料金を支払うことになる可能性もあります。

 

MOTAカーリースの場合は、走行距離に制限はないので
走行距離を気にしないで乗り続けることができます。

たとえば、遠くのほうに旅行に車で出かけたいという場合は
走行距離に制限があると楽しむことができませんよね。

 

しかし、MOTAカーリースの場合は走行距離に制限がないので
遠くのほうに旅行に出かけても何も不安になることもないので
旅行を存分に楽しむことができるのです。

 

デメリットと勘違い4;カーリースの残価設定は下取り(買取)よりも安値を付けられる

そもそも、カーリースと残価設定は別物なので
カーリースで契約満了時の返却はお金は返ってこないリース会社のほうが多いでしょう。

さらに、残価設定型ローンとはカーリースとは違い
所有権は購入者にあります。

 

確かに、車検証には「所有者は会社名」となっていますが
リースをしているわけではなくローンを支払えば自分のものとなります。

カーリースの場合は契約期間満了時になると
車は返却するので自分のものにならない場合が多いです。

 

MOTAカーリースの場合は、契約満了時に
車は自分のものになります。

ボーナス払いなども選べるので
ローンを毎月支払っている感覚に近いですね。

 

なので、「カーリースの残価設定は下取り(買取)よりも安値を付けられる」は
デメリットになるのかどうかは疑問ですね。

 

デメリットと勘違い5:MOTAカーリースは車の改造なんてもってのほか?

基本的にカーリースの車はリース会社の所有物なので
改造は禁止されていることが多いです。

コスモ石油のリースなども返却が条件なので
改造は禁止だと契約書にも書かれています。

 

カーステレオなどの交換も改造になるかは禁止しているリース会社に
問い合わせるしかないでしょう。

もちろん、返却時は元に戻す必要があります。

 

ポイント

MOTAカーリースの場合は、改造ができます。

違法改造でなければ問題なくできるので
自由に車いじりを楽しんでください。

 

MOTAカーリースの場合は契約満了時に車がもらえるので
ローダウンしようがカーステレオを交換しようが問題はないのです。

MOTAカーリースの公式サイトの「Q&A」にも
「カスタムはOK」と書かれています。

 

MOTAカーリース3つのデメリットとは?

MOTAカーリースの場合はほかのカーリース会社と比べて
カスタマイズが可能だったり走行距離に制限がないというメリットがありました。

ですが、MOTAカーリースにもデメリットがあります。

 

MOTAカーリースのデメリットを
次は紹介していきます。

 

デメリット1:途中解約や乗り換えはできない

ポイント

これは、MOTAカーリースだけではなく
他のカーリース会社も同じだと思われます。

MOTAカーリースでも途中解約や
乗り換えは一切認められていません。

 

途中解約をしたい場合は
規定損害金を支払う必要があります。

 

デメリット2:総支払額が通常の新車よりも高くなる

ディーラーで新車を買うよりもカーリースの場合は
支払総額が通常の新車よりも高くなることが多いです。

MOTAカーリースも総額を見ると通常の新車価格よりも
値段が高い感じですね。

 

メンテナンス費用や車検・自動車税などが
月々の支払いに含まれているので総支払額が高くなるのでしょう。

 

デメリット3:車の試乗はできない

カーリースなので試乗はできません。

もし、どういう車なのかを知りたい場合は
ディーラーに行って試乗をするしかないでしょう。

 

買わないのに試乗だけするというのは
罪悪感を感じるという場合は動画などで
実際に運転をした人の評価を見るしかないでしょう。

 

MOTAカーリースを実際に使った人の意見は?

MOTAカーリースを実際に利用した人の意見は
とても参考になりますよね。

次は、MOTAカーリースを実際に利用した人の口コミを
紹介していきます。

 

東京都 nishiyan様
契約車種:ダイハツ ミライース
リース年:11年
オプション:新車延長保証付き・アクセサリーパック付き

もともと中古車に乗っていたところ、車検タイミングがあったので、初めてリースにしました!

KINTOやいろんなところと比較したのですが、今回MOTAカーリースで契約。
中古で買っていた時よりも手続きなどが面倒でなく、車も新車で本当におすすめです。

トヨタもホンダも選べたのですが、月額料金が安かったこともあり、結局ダイハツのミライースにしました!
料金も安いのでおすすめです。いまからお出かけするのが楽しみです!

 

埼玉県 lovecats様
契約車種:スズキ ハスラー
リース年:7年
オプション:新車延長保証付き・アクセサリーパック付き

前に新車で車を買ったときにあった手続きがなく、すごく手間なく車に乗り始めることができてよかった。

そして家計管理が圧倒的に楽。車検やメンテナンスなど突発的な支出があったときは、その月は外食を控えていたりしていたのが、カーリースだと月々の支出が決まっているのですごく助かる。

デメリットとしては、保険が別だったこと。そこも含めて全部やってくれたら嬉しかった。車のサブスクって今後流行りそう。

 

静岡県 tobu-man様
契約車種:トヨタ ライズ
リース年:11年
オプション:新車延長保証付き

テレビでCMとかもやっているカーリースですが、いままで正直よくわからなかったです(笑)。

ちょうど15年乗った中古車を手放すタイミングだったので、マイカーリースを調べてみると「これいろんな手間がなくて新車に乗れるし、いい所取りじゃん」ということで審査して即契約。

もともと車を短期で手放すこともない性格なので、11年プランにしました。コスモや他の会社も見たのですが、車の売却でもお世話になったMOTAさんにしました。

引用:家計も安心!諸経費全てコミコミの『MOTA定額マイカー』

MOTAカーリースの評価はとてもよく
「色々な手間がなく新車に乗れる」という意見もあり
評価はそれほど悪くない感じです。

デメリット意見としては「保険が別だったこと」だそうですが
保険に関しては別の会社を利用するしかないですね。

 

筆者もいろいろとカーリースのことを調べてみましたが
月々の支払いはMOTAカーリースのほうが安かったです。

10年以上車の乗り続けるという人には
MOTAカーリースみたいに11年契約でも問題はないでしょう。

 

11年契約のほうが月々の支払いが安いので
本当に好きな車の乗ることができます。

 

MOTAカーリースについてのよくある質問

オプションは何が取り付けられるのでしょうか?

 

メーカーオプションやディーラーオプションなら
ほとんどが取り付けできます。

希望のオプションがあれば審査通過後にサポートディスクに電話か
メールでのやり取りの時に伝えると良いでしょう。

ナビやETC、ドライブレコーダーなどはMOTAカーリースの場合は
パック化されているのでお得だといえます。

ちなみに、MOTAカーリースは純正フロアマットは
標準装備となっています。

 

月額費用に車検費用は含まれているの?

 

毎月支払う金額の中に車検日硫黄は含まれていて
車検に必ような重量税や自賠責保険なども含まれています。

ですが、車検整備費用は含まれていないので
注意が必要です。

たとえば、エアクリーナーや点火プラグの交換費用などは
実費で交換となっています。

MOTAカーリースでは「メンテナンスパック」を選べるので
車検整備費用についてはメンテナンスパックに加入することで
エンジンオイルなどの交換費用も月額費用に含まれるようになります。

 

納車場所はどこですか?

 

納車場所は基本的に、自宅の駐車場か車を保管している
月極駐車場です。

 

自動車保険は、別途加入が必要ですか?

 

MOTAカーリースでは自賠責保険以外の保険は
付保されていないので別に自動車保険に加入する必要があります。

MOTAカーリースでも自動車保険の紹介ができるので
契約をするときに相談をしてみるのも良いでしょう。

 

リース契約期間中に事故を起こした場合はどうなるのでしょうか?

 

リース契約期間中に事故などが起きた場合は修理の手配やレッカー移動は
自分で処理する必要があります。

レッカー費用や修理費用は
自分で負担するしかありません。

カーリース車でも自動車保険に加入していれば
保険内容の範囲内で補償が受けられます。

カーリースを契約してから自動車保険に
別に加入することをおすすめします。

 

リース契約は途中でやめる(解約する)ことはできますか?

 

契約期間中に解約はできません。

もし、解約をするという場合は契約規定に基づいて
損害金が発生します。

PR



【頭金ゼロ!】お好きな新車に月々1万円から乗れる『MOTA定額マイカー』

\ SNSでシェアしよう! /

ミライース専科の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライース専科の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ミライースをカスタムするならどこから始めると良い?

  • ミライースをスポーティなカスタムにするならフェンダーステッカーは必須?