1. TOP
  2. ミライースの情報
  3. ミライースでサーキットを走ると楽しい?走行を楽しいと思える部分はこれだ!

ミライースでサーキットを走ると楽しい?走行を楽しいと思える部分はこれだ!

ミライースでサーキットを走りたいという人は
余りいないかもしれません。

しかし、ギャップを楽しんでいる人にとっては
ミライースがサーキットではどういう走りを見せるのか
楽しみすぎるのではないでしょうか。

 

サーキットで走る車は、なにもターボ車やスポーツカーだけではなく
エコカーでもサーキットを走っても良いのです。

本記事では、ミライースでサーキットを走ることができるかや
その準備は何をすればよいかなども紹介していきます。

 

ミライースでサーキットを走ることは可能?

結論から言えば、走ることができます。

極端に言えば、ダイハツ・タントや
ハイゼットトラックでもサーキットを走ることができるのです。

 

ハイゼットトラックの場合は注目されやすいので
注目されたいという場合はハイゼットトラックや
サーキットに似つかわしくない車での参加が良いでしょう。

サーキットの楽しみは、ただ走ってタイムを縮めることだけではなく
車の限界スピードを知ったり注目されることに快感を覚えたりしても良いのです。

 

「遅い車はサーキットを走るな!」という意見もあるかもししれませんが
そういう人は、高いお金を出してスポーツカーと混戦バトルするような走行会に参加すれば良いでしょう。

以外にミライースでサーキットを走っている人は
増えてきているので珍しくはないので注目はされませんけどね(笑)

 

ミライースでサーキットを走るのは楽しい?

車の性能をフルに引き出しす場所がサーキットなので
「楽しい」と感じるのは人によっても違いが出てきます。

ミライースの場合は直線は弱いですが
コーナーリングは鋭い走りが可能です。

 

ただ、ミライースのサスペンションは柔らかいので
サスペンションは社外品に交換して走るほうが良いでしょう。

ミライースの社外品サスペンションについては
ミライースにローダウンサスを取り付けるとどうなる?取り付け後のメリットデメリット」で
お伝えしているので読んでみてくださいね。

 

加速が良いだけが運転の楽しさではない!

筆者がサーキットに興味を持ち始めたころは
軽自動車でもチューニングされた車だけが参加していたのです。

ノーマル車がサーキットを走るのをみかけるのは
ワンメイクレースくらいで一般的な走行会やイベントでは
チューニングカー以外は見たことがありませんでした。

 

なので、サーキットは速い車じゃないと楽しめないという名残が
今でも続いているんじゃないでしょうか。

筆者は「○○は○○じゃないといけない」という固定概念が嫌いで
つねに、その逆を行く楽しみ方をしてきました。

 

ちなみに、「○○」の中にはミライースとかエコが入りますが
人によっても、「○○」に入るフレーズは異なるでしょう。

サーキットは加速が良い車じゃないといけないのかと言えば
全くそうではありません。

 

加速が遅い車でも純粋にドライビングを楽しみたいなら
サーキットに参加しても良いと思えます。

ブレーキパッドだけは強化された競技用の物に交換したほうが
安心してサーキットを走ることができますよ。

 

コーナー番長に徹することが重要

一般道でたまに見かけるのが直線だけ馬鹿みたいに早く
コーナーが迫ってくると馬鹿みたいに遅くなる車っています。

スポーツカーでも直線だけ早くて
コーナーリングになるとかなり速度を遅くすると
タイムは伸びにくいですね。

 

ノンターボの場合は速度をあまり落とさないでコーナーリングするほうが
結構楽しい運転ができます。

ただ、曲がり切れずにコースアウトしてしまうのは
ボーっと運転しているだけの人でしょう。

 

最初は普通にコーナーを曲がって
徐々に速度アップして同じコーナーを走れば
限界スピードも理解しやすいでしょう。

いきなり猛スピードで初めて見るコーナーにツッコむのは
勇気ではなく無謀というのです。

 

ミライースの場合は、コーナーリングを
いかに早く曲がり切れるのかを試すには面白い車だと思えます。

 

ミライースでサーキットを走るにはどんな準備が必要?

サーキットに行く前は、ワクワクドキドキしますが
楽しくサーキットを走るには準備をしないといけません。

一体どういう準備なのかを
次はお伝えしていきます。

 

サーキットを走るためのイベント探し

本記事ではダイハツの軽自動車だけに特化した
走行会の紹介をします。

サーキットの走行会に参加するには
基本的にショップが主催するイベントに参加する必要があります。

 

ダイハツ車なら「D-SPORT CUP」というのがあり
軽自動車でダイハツ車なら参加が可能です。

「D-SPORT CUP」ではインストラクターによるコースの攻略講習や
走行アドバイスなどもあるので初めて参加する人も安心して楽しめます。

 

「D-SPORT CUP」の走行会イベントは参加費が
ダイハツ車なら「12,000円」で他メーカーの軽自動車は
「14,000円」となっています。

サーキット走行は1時間走れたうえに
昼食付というのもありがたいですね。

 

ブレーキパッドは走行会用に交換していたほうが良い!

ブレーキパッドには純正に近いタイプとサーキット走行に適した
ブレーキパッドがあります。

ノーマルのブレーキパッドの場合はサーキット場によりますが
だいたい2週ていどでダメになる場合がほとんどです。

 

なので、サーキットを走るならブレーキ関係だけでも
チューニングしていたほうが良いでしょう。

 

サーキットで必要になるものは何?

サーキットを走る場合は、以下のようなものが必要です。

  • ヘルメット
  • レーシンググローブ
  • 普通のシューズでも良い
  • 長袖長ズボン
  • ガムテープ
  • ビニールテープ

 

ショップが主催する走行会では
ドライバーミーティングが行われます。

必ず参加しましょう。

 

スタッフの指示に従いサーキットを走る準備をして
楽しいサーキットライフを送ってください。

 

まとめ

サーキット走行をする場合は通常はライセンスが必要ですが
ショップや団体が主催する走行会の場合はライセンスは必要ありません。

走行会は誰でも簡単に参加できて
愛車の限界を知ることができるのです。

 

筆者の見解ですがサーキット走行を楽しむことができない自動車は
ほとんどないと言っても過言ではありません。

「ミライースだからサーキットは楽しめない」ということはないので
サーキットを走りたいなら、まずは愛車の限界スピードを知るのも良い経験だと思えます。

 

基本的に、サーキットはタイムを競うのだけが楽しいわけではなく
愛車の限界スピードを知るためや純粋に運転を楽しむという方法も楽しみ方の一つと言えるでしょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミライース専科の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライース専科の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ミライースにローダウンサスを取り付けるとどうなる?取り付け後のメリットデメリット

  • ミライースのブレーキパッドの交換時期はいつ?

  • ミライースのパワーウインドウ初期設定方法!アイドリングストップ車のバッテリー寿命は短いって本当?

  • ミライースにダイレクト・パワーハーネスキット?!本当に装着できるのか検証

  • 残価設定型クレジットのメリット・デメリットはある?カスタム可能か実際に聞いてみた!

  • ミライースのロアアームブーツの交換時期はいつ?交換しないと命の危険も…