カスタムパーツ

ミライース用メッキドアハンドルカバーはある?取り付けるとダサい?

ミライース用のメッキドアハンドルカバーは
楽天市場でも販売されています。

メッキドアハンドルカバーは昔からある
カスタムの定番です。

 

ミライース用のメッキドアハンドルを付けるとダサいのかや
取り付けることで何が変わるのかについてお伝えをしていきます。

 

ミライース用メッキドアハンドルカバーを付けるとダサい?

メッキドアハンドルカバーを取り付けているミライースもいるので
別に取り付けたからと言って違和感を感じることはありません。

以外にドアハンドルなんて誰も見ていないし
毎日、隣に止めている車の運転手すらも何年も気づかないレベルのカスタムです(笑)

 

なので、ダサいとかカッコよいというのは
個人の感想であり他人の意見は気にしなくても良いといえます。

メッキドアハンドルカバーを取り付けると
後付け感が半端ないですがディーラーオプションでも
こういう部分は後付け感がありますよ。

 

最初からメッキ使用にしたい場合は
ドアハンドル自体をオーダーメイドして作ってもらうしかないでしょう。

筆者が思いつくのは、メッキ塗装か
ラッピングシートを張り付けるくらいでしょうか。

 

結論を言えば、ダサくもなんともないので
周囲の意見は気にしないで取り付けると良いのではないでしょうか。

 

メッキドアハンドルカバーを取り付けると何が変わる?

メッキドアハンドルカバーを取り付けると
見栄えが良くなります。

ミライースのボディーカラーによっては
ゴージャスな印象を与えるでしょう。

 

個人的に、ブラック塗装のミライースにメッキドアハンドルカバーを取り付けると
ゴージャスな感じがするように思えます。

H24年式のミライースには薄いブルーのボディーカラーがありますが
そういうカラーの場合は、結構上品な印象を与えるでしょうね。

 

筆者のような薄いレモン色をしたコットンアイボリーも
メッキドアハンドルカバーを付けると上品な印象を与えますね。

メッキ系は多すぎても下品ですが適度にメッキパーツがあると
ゴージャスな印象を与えます。

 

ミライースにメッキドアハンドルカバーを付けるのは難しい?

 

筆者は実際にメッキドアハンドルカバーを買いましたが
買ったのはハーフタイプのカバーです。

ドアハンドルを全体に覆うようなフルタイプもありましたが
あえて、ハーフタイプのドアハンドルカバーを選びました。

 

ドアハンドルカバーを取り付ける場合は
以下のようなものを準備しましょう。

  • パーツクリーナー
  • ウエス

パーツクリーナーは脱脂するために使用し
ウエスはパーツクリーナーが垂れたときに拭き取るときに使用します。

 

ドアハンドルカバーをドアハンドルに合わせながら
慎重に張り付けていくとうまくいくでしょう。

 

写真で見た場合は、あまり変化がないように感じられますが
実際に取り付けてみるとドアハンドルがキラキラ光り
車の横から見た感じがゴージャスな印象を与えています。

 

ミライースにメッキドアハンドルカバーを取り付けるのは
かなり簡単です。

筆者は、メッキドアハンドルカバーをカスタム初心者に
取り付けることをおすすめしたいくらいです。

 

メッキドアハンドルカバーを取り付ける前に
脱脂する必要があります。

外に取り付けるタイプのカスタムは
脱脂しないで取り付けると走行中に外れる可能性があります。

 

なので、シリコンオフなどで脱脂してから
取り付けるほうが良いでしょう。

ドアハンドルは頻繁に使用するので
外れないように脱脂するのは鉄則だと思ったほうが良いでしょう。

 

 

まとめ

本記事では「ミライース用メッキドアハンドルカバーはある?」について
話を進めていきました。

今回の内容をまとめると
以下の通りです。

 

  • ミライース用メッキドアハンドルカバーは販売されている
  • ドアハンドル部分は意外に誰も気にしていない
  • ダサいとかカッコよいは個人の感想
  • 絶対に脱脂をしたほうが良い

 

ミライースに取り付けるメッキドアハンドルカバーは
絶対に脱脂をしてから取り付けをしたほうが良いです。

なぜなら、脱脂をしないで取り付けると
ドアハンドルカバーが走行中に外れてしまう危険があるからです。

 

たとえば、脱脂をしないでドアハンドルカバーを取り付けた場合で
何らかの原因でドアハンドルカバーがズレたり取れかかったりすることもあるのです。

もし、走行中に外れてしまうと周囲の車にドアハンドルカバーが接触する可能性がありますし
歩行者に当たってしまう危険も考えられます。

 

だからこそ、脱脂をしてから、取り付けをしたほうが良いのです。

 

-カスタムパーツ