1. TOP
  2. カスタムパーツ
  3. ミライースにアルミペダルを取り付けてみた!車検に通らない製品もある?

ミライースにアルミペダルを取り付けてみた!車検に通らない製品もある?

ミライースにアルミペダルが
純正で採用されないのは雨の日に足が滑りやすくなるからです。

さらに、それだけコストが高くなるので
特別な車以外は採用されません。

 

これは軽自動車だけではなく乗用車も
全く同じことが言えます。

本記事では実際にミライースにアルミペダルを取り付けた感想と
車検に通らないアルミペダルは存在するのかどうかについてもお伝えしていきます。

 

ミライースにアルミペダルを取り付けた感想

ミライースにアルミペダルを取り付けると
やっぱりエコカーだからという差別を受ける可能性がありますね(笑)

しかし、どんな車でも運転席周辺をカスタムすると
カッコ良く感じるものなのです。

 

エコカーであるミライースもペダル部分をアルミペダルに交換すると
レーシーな印象を感じるようになるわけです。

アルミペダルを取り付けると
アルミの輝きがスポーツマインドを刺激します。

 

ミライースにアルミペダルを取り付ける方法

ミライースのアルミペダルを取り付ける方法は、とても簡単です。

今回買った「carmate RP132 K-CAR PEDAL」は
片方は時すでにネジで固定されているタイプでした。

 

もう片方はねじ止めされていないので
ミライースのペダル部分に差し込む感じで取り付けをします。

昔はネジとブラケットは別々だったり
スペーサーを入れることでペダルの踏み心地を変えていたりしたものです。

 

「carmate RP132 K-CAR PEDAL」には、スペーサーは付属していません。

ゴムラバーが付いているので
雨の日も足が滑ることがありません。

 

実際に筆者も雨の日にミライースを運転していますが
足が滑るということは今までなかったですね。

 

アルミペダルの取り付けで必要になる工具

アルミペダルの取り付けに必要な工具は
大げさなものは不要です(笑)

アルミペダルは手軽に取り付けができるので
以下のような工具だけあれば十分です。

 

  • 六角レンチ

 

とはいえ、製品に六角レンチが付属していることが多いので
基本的に何も持たないで作業に取り掛かることができます。

製品によっては六角レンチが付属していないかもしれないので
取り付け前には開封して確認をしましょう。

 

筆者はこれまで何回もアルミペダルを買って
取り付けをしていますが六角レンチ以外は使ったことがありません。

 

アルミペダルを取り付けてもらうとすれば工賃はいくら?

アルミペダルは自分で取り付けることができますが
取り付けはしたいけど時間がないという場合は
業者に任せることになるでしょう。

筆者は取り付けが楽しいと感じる人間なので
カー用品店に取り付けを依頼したことがないのです。

 

なので、カー用品店に関してはネットで引っ張ってきた情報ですが
オートバックスの工賃は1枚「1,050円~」となっています。

ピットメニューは「オートバックス北越谷店」で

公開している工賃を参考にしています。

 

アルミペダルを取り付けるメリット

ミライースにアルミペダルを取り付ける場合は
メリットも知っていたほうが良いでしょう。

アルミペダルはただ取り付けるだけではなく
操作性にもかなり影響してくるパーツなのです。

 

アルミペダルを取り付けるメリットは
以下の通りです。

 

  • 見た目がレーシーな感じになる
  • 製品によってはペダル操作が良くなる
  • 製品によってはアクセルレスポンスが良くなった気になる
  • 取り付けが簡単
  • 値段が安いモデルもある

 

アルミペダルのメリットは以上ですが
簡単にメリットをお伝えしていきます。

アルミペダルを取り付ける一番のメリットは
見た目がレーシーな印象を与えるということです。

 

製品によってはペダル部分に調整できる機能が付いていて
ペダル操作をやりやすくするアルミペダルもあります。

筆者がMTを運転していたころは
調整機能があるアルミペダルを愛用していました。

 

アルミペダルを取り付けるデメリット

ミライースにアルミペダルを取り付けようとする場合は、デメリットもあります。

ミライースに関するデメリットではなく
ほとんどがアルミペダルによるデメリットが多いです。

 

アルミペダルの取り付けに関するデメリットは
以下の通りです。

 

  • 製品によっては雨の日に足が滑る
  • 取り付け方を間違えるとアクセルが戻らなくなる
  • 正しく取り付けられていないとアルミペダルがズレる

 

アルミペダルに交換すると雨の日に足が滑りやすいと
昔はよく言われていたものです。

筆者が若かりし頃に初めて自分が稼いだお金で買った新古車愛車第一号の
「H2年式キャロル(AA6PA)」にアルミペダルを取り付けましたが
雨の日によく足が滑るので取り外したという記憶があります。

 

現在ミライースにアルミペダルを取り付けていますが
雨の日でも滑らないので製品によっては滑りやすいかもしれません。

 

アルミペダルを取り付けてアクセルが戻らなくなった

昔にトゥデイに乗っていたことがありますが
トゥデイにもアルミペダルを取り付けていました。

池袋で発生した暴走事故で87歳の男性ではありませんが
「アクセルが戻らなかった」という経験があります。

 

原因は、アルミペダルのネジ部分がフロアカーペットに引っかかり
アクセルが戻らなくなっただけだったので走行中に加速する中で
原因をとっさに判断しペダルを足で何とか戻したのです。

当時は、まだ20代だったので判断も素早く
とっさに行動ができたのかもしれません。

 

しかも、前後に車がいなかったのも
奇跡的な偶然だったかもしれないですね。

 

雨の日にアルミペダルが滑らない製品ってある?

ミライースにアルミペダルを取り付けようと考えると
雨の日に足が滑らない製品が欲しいと思うでしょう。

アルミペダルは見た目だけで買うと
失敗してしまうことが良くあります。

 

次は、以下の順番でアルミペダルでも
雨の日に足が滑らない製品を選ぶポイントを紹介していきます。

 

  • アルミペダルの選び方にポイントがある
  • 滑り止めが付いているアルミペダルが良い
  • アルミ製ペダルを固定するのも種類がある!

 

アルミペダルでも足が滑りやすい製品もあるので
選ぶ場合は神経質になるくらい慎重になったほうが良いでしょう。

 

アルミペダルの選び方にポイントがある

アルミペダルを選ぶときの注意点は
「安全性」と「機能性」です。

ペダルというのは車の「走る」「止まる」という操作では
欠かせないパーツですし、その機能に支障があると事故が起きる原因となります。

 

アルミペダルは大きすぎてもだめですし
踏んだ時に外れやすくてもいけません。

強く踏んでもズレにくく純正ペダルに
フィットするカバーを選んでください。

 

アルミペダルは見た目も重要ですが
見た目だけにこだわりすぎて機能性が悪くなるというのも問題です。

アルミペダル表面に防滑加工がされて滑りにくくした製品もありますし
調整機能が付いたアルミペダルもあるのです。

 

なので、アルミペダルを選ぶ場合はファッション性と
機能性の両立した製品を選ぶようにすると良いでしょう。

 

滑り止めが付いているアルミペダルが良い

滑りやすいアルミペダルは雨の日に滑りやすいとは限らず
値段が高くても滑りやすいアルミペダルはあるのです。

ノンスリップ加工が施された製品を選べば
雨の日でも滑りにくいですよ。

 

しかし、アルミペダルでも穴が開いているだけという製品は
雨の日は寿司不安に感じるかもしれません。

アルミペダルの表面の一部に凹凸に加工されていたり
ゴムが張り付けられているアルミペダルはおすすめできます。

 

アルミ製ペダルを固定するのも種類がある!

ミライースにアルミペダルを取り付ける場合は
ペダルカバーを固定するやり方にもこだわりを持ったほうが良いです。

アルミペダルを固定するタイプは
以下の2種類があります。

 

  • 両面テープと金具を折り曲げてアルミペダルを固定する
  • ネジで締め付ける

 

どちらのタイプが良いのかと言えば
ネジで締め付けるタイプを選んだほうが良いです。

理由は、金具を折り曲げて使うタイプの場合は
ネジで締め付けるよりも強度が弱く何らかの衝撃で
外れてしまう可能性もあるからです。

 

アルミペダルに車検非対応という製品はある?

結論から言えば、車検非対応のアルミペダルは
滅多に見ることができません。

逆にカー用品店で販売されているほうが
かなり珍しいのではないでしょうか。

 

とはいえ、ペダルは車を運転するうえで最も重要な部品なので
車検では不都合の有無や操作性なども点検されるのです。

ペダルカバーが付いている状態でも車検に通すことができますが
それぞれのペダルが接触して運転の妨げにならないように
しっかりと固定できている場合のみ車検では問題ないといえます。

 

運転に支障が出るという場合は
車検に通すことはできないかもしれませんね。

筆者もアルミペダルを取り付けて車検に何度も出していますが
これまで、アルミペダルによって車検で不合格が出たことはありません。

 

まとめ

アルミペダルは手軽に運転席周辺をカスタムできるので
初めてカスタムをしたいという人には最適だといえます。

ミライースにアルミペダルを取り付ける場合は
今回紹介した注意点を参考に選ぶと失敗は少ないように感じます。

 

アルミペダルを買って雨の日に滑ってしまうのは
事故のもとになるのでゴムが表面についている製品を選ぶと良いですね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミライース専科の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライース専科の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ミライースの加速性能は?市街地と高速道路の実燃費

  • ミライースにレスポンスリングを取り付けたらどうなる?燃費や加速が良くなるという噂は本当?

  • ミライースに取り付けできる3mmホイールスペーサーはある?取り付け時の注意点は?

  • ミライースにアームレスト後付けしたい場合は?本当に必要なのか?

  • ミライースターボ(TR-XX)は出るのか?【夢も希望もない話&予想】

  • ミライースにリモコンエンジンスターターは簡単に取り付けられる?配線図も紹介!