1. TOP
  2. ミライースの情報
  3. ミライースはアクセルオン・オフの速度調整だけで燃費はグーンと上がる!

ミライースはアクセルオン・オフの速度調整だけで燃費はグーンと上がる!

ミライースの燃費をグーンと上げるために
アクセルのオンオフで速度を調整するという方法があります。

アクセルとブレーキは、オン・オフだけのスイッチではありません。

 

微妙にコントロールをして加速と減速の変化により
どれだけスムーズに車を走らせるかにより燃費も左右されます。

正しいアクセルの踏み方やノロノロ運転が決して
燃費に良い走りではないということを紹介していきます。

 

正しいアクセルの踏み方で燃費を上げる方法

アクセルを一気に踏み込むのは
燃費が悪化する原因になります。

なので、アクセルは「ス~」っと踏むのが正解ですが
アクセルの踏み方が遅いと周囲の迷惑になるので
回転計が2000rpmのところまでアクセルを踏み込むほうが良いかもしれません。

 

ミライースは回転計が付いていないので
エンジン音と加速の体幹だけで慣れていく必要があります。

回転計があれば毎回同じタイミングでアクセルを踏めますが
取り付けをしたくないという場合は速度とエンジン音に頼るしかないですね。

 

筆者の場合は回転計で常に同じタイミングで
アクセルを踏み込むようにしています。

もちろん、周囲の交通状況によって
変化はありますけどね(笑)

 

ふんわりアクセルは燃費悪化の原因

燃費アップのために「ふんわりアクセル」という
ノロノロ発進が推奨されていた時期がありました。

ふんわりアクセルとやらをしている車種の後ろについた場合は
かなり迷惑に感じたことがあったのです。

 

ふんわりアクセルとやらをしている車種に限ってエコカーですが
「そういう運転をしなくても燃費は良いだろ?」と
良く思いながら後ろを走ってました(苦笑)

実際に、筆者は現在ミライースというエコカーと呼ばれる車を所有し
運転をしているわけですが、この車それほど遅い車ではないですよ。

 

筆者も当ブログで何度か燃費計の数値を公開しているのですが
どの数値も普通に走って出た燃費です。

別にノロノロ走行をしていたり「ふんわりアクセル」とやらを
他の交通を無視して馬鹿みたいに、やっていたわけではありません。

 

普通に走行してもミライースという軽自動車は
燃費が良いので燃費向上でノロノロ運転を推奨する意味が理解不能です。

 

ノロノロ運転が燃費悪化につながる

「エコカーだから」という理由でユックリと加速するのは
逆に燃費の悪化を招く行為なのです。

筆者の場合は急加速ではないですが
早く目的の速度になるようにアクセルを踏みます。

 

不快な加速時のGを防ぐ意味でも「ふんわりアクセル」を推奨しているのでしょうけど
アクセルはジワっと踏み制限速度50キロ~60キロに早急に到達するほうが燃費が良いのです。

ただ、アクセルをガバッと踏む行為は燃費悪化になりますし
不快なGを発生させる原因になります。

 

ミライースの坂道攻略法!坂道でも燃費は変わらない!

ミライースのような非力な車の場合は
坂道が近づくのが分かっているなら上り坂になる前に
加速をして勢いをつけるようにしましょう。

そうすることで、余りアクセルを踏まなくてよくなりますし
その勢いのままアクセルを一定にすれば良いでしょう。

 

下り坂はアクセルをオフにして踏まないように
慣性力だけで下っていきます。

多少のエンジンブレーキは使ったほうが良いので
勾配によってシフトダウンをしたりしましょう。

 

ただ、緩い下り坂なのにシフトダウンするのは
燃費悪化につながるのでやめたほうが良いです。

 

アクセルとブレーキの操作は「かかとを支点」にする

アクセルをがバッと踏んで急加速をしたり
急ブレーキを踏む人の大半は足の「かかと」を支点にして
ペダル操作をしていない可能性が高いです。

アクセルとブレーキの踏み間違いにしても足を完全に床から離すため
どっちがアクセルかわからなくなるのでしょう。

 

少なくとも、筆者はそういう経験がありませんが・・・

筆者自身も実際の車の運転では、足のかかとを床に置き
かかとを支点にしてアクセルやブレーキを踏むようにしています。

 

つまり、かかとを支点にして足の裏のつま先を
ブレーキやアクセルを踏むような形です。

かかとを床につけてペダルの踏みかえをすることで
素早い踏みかえが可能となるのです。

 

まとめ

本記事では「アクセルオン・オフの速度調整だけで燃費はグーンと上がる」について
話を進めていきました。

今回の内容をまとめると、以下の通りです。

 

  • ノロノロ運転は燃費が悪化する
  • ふんわりアクセルは逆に燃費悪化につながる
  • 足のかかとを床につけペダル操作をしたほうが良い

 

ミライースにはフットレストが付いていないので
操作しない左足を置く場所がないですし踏ん張る部分がありません。

走行中に運転姿勢を固定できないデメリットが
ミライースにはあります。

 

足はブレーキペダルの前に置き
かかとは床につけた状態にします。

その状態からアクセルを踏むようにして
ブレーキも状況によって踏みますが
かかとは床につけた状態で踏みかえをします。

 

足の裏は指の付け根部分がペダル中央に来るようにすると
最も力が入りやすくて力のコントロールもしやすいでしょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミライース専科の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライース専科の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ミライースがアイドリングストップしない?その理由を解説

  • 【LA300S】ミライースに最適なスロットルコントローラーは?取り付けるとどうなる?

  • ミライースの故障は本当に多い?よくある故障のデマとは?

  • ミライースのロアアームブーツの交換時期はいつ?交換しないと命の危険も…

  • ミライースのエンジンオイル交換の時期はいつ?自分で交換すると違法?

  • ミライースにロアアームバーを付けた感想!つける意味はある?