リスク管理(苦情)

紛争対応に関する要綱 テンプレート

紛争対応に関する要綱 リスク管理(苦情)
この記事は約2分で読めます。

紛争対応に関する要綱

社会福祉法人 ○○会

紛争対応に関する内規

目的

社会福祉法人○○会が運営する各事業所において発生した介護・医事紛争について迅速かつ適切に対応するために「紛争対応班」として、以下のとおり定める。

構成員

紛争対応班は、次に掲げる職員で構成する。

①施設長
②事務長
③事故防止検討委員長
④生活相談員
⑤看護職員
⑥介護職員
⑦介護支援専門員

責任者

紛争対応班に責任者を置き、施設長がこれにあたる。

任務

紛争対応班は、施設長の命を受け、所掌業務について調査審議し、対応策を検討するとともに既成事実に伴う紛争対応を行う。また、所掌業務について管理者に建議することが出来る。

2・紛争対応班の調査審議の結果、紛争対応結果については、管理者(理事長)に報告するものとする。

所掌業務

紛争対応班は、紛争が発生した場合又は発生する可能性がある場合は、次の事項を所掌する。

①状況の把握、及び情報収集に関すること(事故調査)
②対応方法の検討
③利用者及び利用者家族等の直接対応
④その他介護・医事紛争に関すること
⑤マスコミ対応

招集

紛争対応班は、施設長が召集し、必要とする場合は随時開催することができる。

参考人

施設長は、必要と認めるときは、関係職員の出席を求め、意見を聴取することができる。

委員会との連携

紛争対応班は、必要と認めるときは、関係職員の出席を求め、意見を聴取することができる。

個人情報の保護

個人情報の保護については、「事故発生防止及び事故発生時対応の指針」第8条に準ずる。

内規等の見直し

本内規は、構成委員において定期的に見直し、必要に応じて改正を行う。

(附則)

この要綱は、令和〇〇年〇〇月〇〇日から施行する。


紛争対応に関する要綱 テンプレートダウンロードはこちらへどうぞ。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました