給食関係

基本食事サービス費について テンプレート

基本食事サービス費について 給食関係
この記事は約4分で読めます。

基本食事サービス費について

基本食事サービス費に係る事項

管理栄養士について

管理栄養士については、当該施設に常勤で配置されていること。

適温適時の食事の提供について

適温適時の食事の提供については、実際に入所者等に食堂で夕食が配膳される時間が午後6時以降であること。

また、居室又は病室で夕食が配膳される場合においても午後6時以降であること。

適温適時の食事の提供について

ア 適温の食事の提供に関しては、食堂に隣接した厨房における調理又は保温庫等の使用によって、食堂において食事が提供されていること。食堂において食事が提供されない場合にあっては、保温・保冷は配膳車、保温トレイ、保温食器のいずれかを用いることにより、入所者全員に適温の食事を提供する体制が整っていること。

なお、厨房内のエレベーターが各階の配膳室に直結し配膳室に隣接した食堂に迅速に配膳される体制が採られている場合も食堂における適温の食事とみなされること。

イ 食堂への移動が困難である等の理由により恒常的に居室又は病室での食事の提供が必要な入所者に対しては、保温・保冷は配膳車、保温トレイ、保温食器のいずれかを用いて食事が提供されていること。なお、入所者等の心身の状況等による一時的な居室又は病室での食事の提供については、この限りでないこと。

ウ 電子レンジ等で一度冷えた食事を温めた場合は含まれないこと。ただし、クックチル、クックフノーズ又は、真空調理(真空パック)法により調理を行う過程において急速冷却し、提供する際に再度過熱する場合は、電子レンジ等で一度冷えた食事を温めた場合にはあたらないこと。

エ 保温食器は名称・材質の如何を問わず、保温機能を有する食器であれば差し支えないこと。

療養食の提供に係る事項

療養食の加算について

療養食の加算については、入所者の病状に応じて、主治の医師より入所者に対し疾患治療の直接手段として発行された食事箋に基づき、厚生大臣が定める者等(平成12年2月10日厚生省告知23号)に示された療養食が提供された場合に算定すること。なお、当該加算を行う場合は、療養食の献立表が作成されている必要があること。尚、平成30年4月より算定要件を満たすように療養食の提供が行われた場合、療養食加算として1日につき3回を限度とし、6単位(ショートステイでは8単位)加算ができるようになった。

加算の対象となる療養食について

加算の対象となる療養食は、疾患治療の直接手段として、医師の発行する食事箋に基づいて提供される入所者の年齢、病状等に対応した栄養量及び内容を有する治療食〔腎臓食、肝臓食、糖尿食、胃潰瘍食、貧血食、膵臓食、高脂血症食、痛風食〕経管栄養のための濃厚流動食及び特別な場合の検査食をいうものであること。

減塩食事療法等について

心臓疾患等に対して減塩療法を行う場合は、腎臓食に準じて取り扱うことができるものであるが、高血圧症に対して減塩療法を行う場合は、加算の対象にはならないこと。

また、腎臓食に準じて取り扱うことができる心臓疾患等の減塩食については、総量7.0g以下の減塩食をいうこと。

肝臓食について

肝臓食とは、肝庇護食、肝炎食、肝硬変食、閉塞性黄疸食(胆石症及び胆嚢炎による閉塞性黄疸の場合を含む。)等をいうこと。

胃潰瘍食について

十二指腸潰瘍の場合も胃潰瘍として取り扱って差し支えないこと。手術前後に与える高カロリー食は加算の対象としないが、浸襲の大きな消化管手術の術後において胃潰瘍食に準ずる食事を提供する場合は、療養食の加算が認められていること。また、クローン病、胃潰瘍性大腸炎等により腸管の機能が低下している入所者等に対する低残渣食については、療養食として取り扱って差し支えないこと。

高度肥満症に対する食事療法について

高度肥満症(肥満度が+70%以上BMIが35以上)に対して食事療法を行う場合は、高脂血症食に準じて取り扱うことができること。

経管栄養のための濃厚流動食について

経管栄養のための濃厚流動食は各栄養素の質的構成に十分考慮が払われているとともに、1グラム(1mlと読みかえてもよい)につき1キロカロリー程度の熱量を有するものであること。

特別な場合の検査食について

特別な場合の検査食とは、潜血食をいう他、大腸X腺検査・大腸内視鏡検査のために特に残渣の少ない調理済み食品を使用した場合は、「特別な場合の検査食として」取り扱って差し支えないこと。

高脂血症食の対象となる入所者等について

療養食として提供される高脂血症の対象となる入所者は、空腹時定常状態における血清コレステロール値が220mg /dl以上である者又は、血清中性脂肪値が150mg/dl以上である者であること。

貧血食の対象者となる入所者等について

療養食として提供される貧血食の対象となる入所者等は、血中ヘモグロビン濃度が10g/dl以下であり、その原因が鉄分の欠乏に由来する者であること。


基本食事サービス費についてマニュアル テンプレートダウンロードはこちらへどうぞ。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました