各種マニュアル

利用者行方不明時の対応マニュアル テンプレート

利用者行方不明 各種マニュアル
この記事は約2分で読めます。
万が一利用者様が行方不明になった際、慌てずに捜索するためのマニュアルを作成しておくべきです。これは利用者行方不明時の対応マニュアルです。

利用者行方不明時の対応マニュアル

利用者(徘徊者)の所在確認ができない場合は、全職員が捜索に協力すること。

行方不明者発生

.    

事務室・宿直室へ連絡  →  施設内アナウンス ※1
※1 ♪♪2回 『業務連絡致します。入苑者の○○○○さんを至急事務室までお連れください』 『 』内2回繰り返し♪♪2回
チャイム2回を行方不明者発生の合図とする

.    

施設長へ連絡

.    

施設内捜索 ※2
※2・施設職員が手分けして捜索する
・事務室には1名待機
<平日昼間>指導員 <休日昼間>指導員 <夜間>宿直

.    

施設外捜索 (要施設長指示)
・警察・消防署への連絡、捜索依頼
(〇〇警察署 00-0110/〇〇消防署 00-0119)
・市町村広報網への依頼
(〇〇市 00-1111)

・施設職員への緊急連絡網の発動
・地域住民への協力要請

.    

県・市町村への連絡 ※3
※3・措置実施機関である市町村への連絡
・施設所在地の市町村への連絡
・施設所在地の県福祉事務所への連絡

.    

発見

.    

警察・消防署・関係機関への報告

利用者行方不明時の対応マニュアル ダウンロードはこちらへどうぞ。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました