1. TOP
  2. ミライースの情報
  3. ミライースのサスペンションは消耗品!交換はチューニングだけではない

ミライースのサスペンションは消耗品!交換はチューニングだけではない

ミライースのサスペンションは、実は消耗費んです。

サスペンションは永久ものだと思っている人は多いかもしれませんが
日々使用し続けていると劣化していくので、いずれは交換したほうが良い部品なのです。

 

今回は、車のサスペンションの役目や
交換時期はあるのかどうかについて紹介をしていきます。

 

車のサスペンションの役目って何?

サスペンションの役目は
路面からの衝撃などを緩和させるた目のパーツです。

サスペンションは、以下のような部品で構成されています。

  • ショックアブソーバー
  • コイルスプリング
  • ブッシュ(ゴム)

 

大きく分けると
以上のような部品で成り立っています。

ショックアブソーバーの中に入っているオイルや
ゴムブッシュなどのパーツは使っていると劣化していきます。

 

サスペンションが劣化するとどうなる?

サスペンションが劣化していくと乗り心地が悪くなっていき
なんだか、フワフワしたような乗り心地になってしまいます。

コイルスプリングなどは
明らかに車高が下がったと判断できる場合を除けば交換は不要です。

 

仮に、サスペンションが劣化してしまうと
路面にある凹凸によって揺れや衝撃が吸収されないので
乗り心地が悪くなってしまいます。

しかも、車全体にゆがみや、ガタツキなども発生します。

 

ミライースのサスペンションの交換時期

軽自動車でも最近の車は10万キロ以上でも
サスペンションは交換不要という場合が多いです。

新車から10年でサスペンションを交換するように
指定しているメーカーは、ほとんどありませんね。

ミライースの取扱説明書にあるサービスマニュアルにも
サスペンションの交換時期は記載していません。

なので、多くの人はサスペンションは交換不要だと
そのように考える場合が多いのかもしれません。

 

神経質な人の場合は、中古車で10万キロ走行している場合は
車の状態にかかわらず新品のサスペンションに交換するらしいです。

しかも、純正品です。

 

ただ、ミライースの場合は大人しくは走行している人が多いので
サスペンションは、思ったほど劣化していないと考えられます。

 

もし、お金にゆとりがあるならサスペンションは交換すべき?

筆者の場合は中古車を買ってお金にゆとりがあるなら
サスペンションは純正品の新品に交換します。

スポーツカーの場合は「初期化作業」といって
足回りをすべて新品に交換するという作業をする人もいます。

 

一部の車好きでもお金持ちじゃないと
なかなかできることじゃないですけどね(苦笑)

筆者は貧乏人なので
さすがに初期化作業はできません。

 

ミライースの中古車を買ったら
初期化作業をしてみたいものです。

 

ミライースのサスペンションは劣化しても交換は不要?

ミライースのサスペンションが劣化していると判断できるなら
なるべく早く交換したほうが快適だと思われます。

劣化しているサスペンションの場合は
乗り心地が悪くなっているので
サスペンションの本来の性能を発揮できていません。

 

なので、早めに交換をしたほうが良いでしょう。

 

サスペンションが劣化していると思われる症状は?

車のサスペンションが劣化すると
以下のような症状が出ます。

  • サスペンションから異音が出るようになる
  • 前後左右の揺れが収まり難い
  • 純正のサスペンションなのに底を擦るようになった

 

以上のような症状でも、サスペンションが原因とは限りませんが
一応紹介したような症状が出れば、サスペンションの劣化と考えても良いでしょう。

ただ、サスペンションを新品に交換することが
無駄な出費だと思うなら最初から交換はしないほうが良いですね。

 

サスペンションを新品に交換しても無駄な出費だと思わないなら
交換を検討しても良いでしょう。

ネット情報によれば、同じ型式のミライースでも
サスペンションがKYB製か中国製のどちからという場合があるそうです。

もし、中国製ならKYB製の純正部品に
交換したいところですね。

 

偏見かもしれませんが、筆者は中国製は
あまり信用できないしすぐに劣化すると思っています。

まあ、劣化速度は使用環境に酔っても
全く違いますからね。

 

純正サスペンションの新品を交換する場合の費用

この記事ではサスペンション交換といっても
純正品に交換する前提で説明をしています。

純正サスペンションに交換する場合は
国産車なら「2万円~4万円」が目安となります。

純正品なのでアライメントは狂っていないはずですが
気になる場合はアライメント調整もしたほうがよいでしょう。

アライメント調整をする場合は
「10万円~20万円」くらい必要です。

 

サスペンションを交換するメリット

  • 新品の純正サスペンションなので乗り心地は良くなる
  • 足回りがガッチリしているように感じる
  • なんだか安心感がある
  • 純正サスペンションなので車検の心配は不要

純正サスペンションを同じサスペンションで新品に交換する前提で
メリットを書いていきました。

ローダウンサスのメリットとは少し違ったメリットになりますが
純正品のサスペンションに交換することで乗り心地は良くなります。

劣化したサスペンションでカーブを曲がるときに
フニャっとした感覚になります。

ですが、新品のサスペンションは
それなりにガッチリした感じがするので安心感がありますね。

 

サスペンションを交換するデメリット

  • 費用が高い
  • 人によってはお金の無駄だと感じる
  • 見た目も変わらないので交換した感じがしない

何度も言いますが、純正のサスペンションを新品の純正品に交換した前提で
デメリットを考えて書き出してみました。

純正品のサスペンションはミライースでも
意外に高額な値段なのでビックリするかもしれません。

 

人によってはお金の無駄だと感じて
純正品のサスペンションを新品にしないでしょう。

同じお金を出すならローダウンサスに交換したほうが良いとか
そういう風に思う人もひょっとしたらいるかもしれません。

 

まとめ

  • 純正サスペンションも一応消耗品扱い
  • 純正サスペンションの交換は「2万円~4万円」
  • 10年落ちの中古車なら興味があれば交換しても良いかも

純正サスペンションは、メーカーも交換してはしていません。

しかし、サスペンションも消耗品なので
劣化はしていくのです。

メーカーが交換を指定していないからといって
永久に使い続けられるものではないのです。

とはいえ、純正サスペンションが劣化していても
気にならない人は気にならずに乗り続けますけどね。

 

純正サスペンションを交換する場合は
費用は「2万円~4万円」です。

中古車を買う場合は10年落ちくらいなら
サスペンションも劣化している可能性があるので
純正サスペンションに交換しても良いかもしれません。

 

新品に交換してみようという気があるなら
拳闘してみてはいかがでしょうか。

同じお金を出すならローダウンサスを取り付けて
走らせたいという場合は、以下のページも参考になるので読んでみてくださいね。

↓↓      ↓↓

ミライースにローダウンサスを取り付けるとどうなる?取り付け後のメリットデメリット

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミライース専科の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライース専科の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ミライースのパワーウインドウ初期設定方法!アイドリングストップ車のバッテリー寿命は短いって本当?

  • ミライースにエアロフィンを付けた効果は?取り付け位置も調べてつけてみた結果

  • ミライースの故障は本当に多い?よくある故障のデマとは?

  • ミライースのウインカーにLEDを装着!抵抗器は必要なのか!?

  • ミライースターボ(TR-XX)は出るのか?【夢も希望もない話&予想】

  • ミライースにスロットルスペーサーを取り付けた効果は?実際に取り付けてみた!