1. TOP
  2. カスタムパーツ
  3. ミライースにローダウンサスを取り付けるとどうなる?取り付け後のメリットデメリット

ミライースにローダウンサスを取り付けるとどうなる?取り付け後のメリットデメリット

ミライースにローダウンサスを取りつけると
結構かっこ良くなります。

ただ、地面スレスレのローダウンは論外ですが
取り付け後のメリットやデメリットなどを紹介していきます。

 

ローダウンサスに変えたら乗り心地はどう変わる?

筆者は、ローダウンサスに交換したことがありますが
ゴツゴツした走りになったという記憶があります。

純正のショックサスよりも硬いので
ゴツゴツ感はあっても仕方がないでしょう。

 

ローダウンした時のメリット

ローダウンサスに交換した場合は
色々なメリットがあります。

ローダウンサスに交換した場合のメリットを
紹介していきます。

 

見た目がかっこ良くなる

一般的にローダウンサスに交換すると
車体が低くなるので見た目がかっこ良く見えます。

それが、ミライースでもエコカーらしさがなくなり
スポーティな印象に早変わりするので不思議ですね。

 

車体があまり傾かないので安定したコーナーリングができる

コーナーリング中に通常なら車体が傾きますが
ローダウンサスに交換すると車体が傾きにくくなります。

 

遠心力をあまり感じなくなるので
安定したコーナーリングが期待できます。

 

ローダウンした時のデメリット

ローダウンサスを取り付ける場合は
走りを楽しむために取り付けるのが一般的でした。

しかし、最近ではドレスアップ目的で取り付けることが多くなり
デメリットもいろいろと出てくるようになりました。

 

次はローダウンサスに交換した時のデメリットを
紹介していきます。

 

乗り心地がゴツゴツした感じになる

ローダウンサスに交換したら乗り心地が
ゴツゴツした感じがします。

ローダウンサスに交換するとサスペンションが硬くなるので
ゴツゴツ感がして当然だと思われます。

 

入れる店が制限される

ローダウンサスにたいして悪いイメージが強いので
店によっては入店拒否みたいにわざと段差を上げている場合があります。

ローダウン仕様の車が段差のある入り口に入ろうとする場合は
斜めからゆっくりと入らないとエアロパーツや車体の底を擦ります。

自動車メーカーがカスタム仕様として新車からローダウンさせて
販売することもあります。

やはり、その場合も気を付けて
段差を乗り越えないと底を擦りますね。

 

段差を超えた時に衝撃が強い

ローダウンサスに交換するとショックサスの機能が
大幅に低下します。

その結果、路面からの衝撃を吸収することをしなくなるので
路面の段差によって衝撃をまともに受けることになります。

 

ローダウンサスに交換する意味って何?

ローダウンサスに交換する意味って何か
あなたは即答できるでしょうか?

車高が低くなるとかっこ良い

確かに、車高が低い車はかっこ良く見えますし
ローダウンサスに交換する理由は見た目重視の場合がほとんどでしょう。

ですが、レースをする車がなぜ車高を低くして
走っているには立派な理由があるのです。

 

その理由というのは、車の重心高を下げるためです。

車がコーナーリングするときに、ロールして車体は外側に
サスペンションは大きく沈みます。

 

さらに、アウト側のタイヤの二重も大きく
車の重量がかかってきます。

イン側のタイヤは逆に浮き気味になり
グリップ力が低下します。

 

そのためには車の重心を下げて4つのタイヤのグリップ力の合計値を大きくして
コーナーリングスピードを高めるようにしているのです。

 

田舎では峠を走るためにローダウンサスに交換?

都会と田舎ではローダウンサスに交換する理由が
全く異なります。

全員がそうではないですが、一部の人はローダウンサスに交換して
峠で楽しく走るために交換をするのです。

「峠で楽しく走るため」という言葉は
人によっては不快に感じるかもしれませんね。

ローダウンサスに交換する人の中には
サーキットを走るために交換している人もいます。

 

しかし、車が一台しかない人の場合は
いちいち市街地を走るために純正サスに戻す人はいません。

 

ミライースのローダウン仕様は速い?

直線ではローダウンサスの機能を発揮できないので
アクセルを踏んだだけ加速していく車には負けます。

しかし、コーナーリングスピードは思ったほど遅くならないので
従来よりは速く走れると思われます。

 

とはいえ、公道ではレースみたいなことは禁止されていますし
周囲の交通の迷惑になるので軽自動車同士の競争まがいなことはやめましょう。

 

ローダウンサスを交換の工賃は?

ミライースのローダウンの工賃はオートバックスなら
「20000円(税込21600円~」となっていました。

車によっても取り付け工賃は変わりますが
ミライースの場合は軽自動車なのでそれほど値段が高くなるとは考えにくいです。

 

ミライースならDスポーツの製品が取り付けられますが
ほとんどのディーラーで取り付けが可能なようです。

 

ローダウンサスを取り付けると車検に通らない?

車高は「9cm」を満たしている場合は
車検に通ります。

たまに、ローダウンサスに交換したら
車検に通らなくなったという意見も聞きます。

 

そういう場合は、フォグランプなどの取り付け位置も
深く関係しているようです。

車検に通らなくなったからといって
ローダウンサスだけが悪いと決めつけるのではなく
フォグランプの高さなども確認しておきましょう。

 

ローダウンサスの中には車検対応品と明記しておきながら
車検に通らない場合もあります。

なぜなら、標準装備のフォグランプの高さが
保安基準で定めている位置よりズレて車検に通らなくなるからです。

 

フォグランプの高さの基準は地上から、「25センチ以上」です。

 

ディーラーで車検に通らなくても別の車検業者なら通る

ローダウンサスに交換して、ディーラーで車検を受けようとすると
車検に出す前に「ローダウンしているので車検に通らない」と言われることがあります。

しかし、ディーラーで言われることが
すべてではありません。

ディーラーでは車検に通るかどうかわからない部分に関しては
「車検に通らない」と、とりあえずお客さんに伝えることがあります。

意外に、車検業者を変えると
車検に通ったりすることは非常に多いです。

 

ディーラーの場合は車高9cmを満たしていても
車検を受けさせてくれないことが多いです。

 

間違いなく車検に通らないローダウンサスとは?

昔話ですが、お金のない車好きがどうしてもローダウンするために
純正スプリングをカットして車高を下げていた時代がありました。

もちろん、純正のコイルスプリングをカットすると
車検に通らなくなります。

ただ、スプリング事態に遊びがないことが重要で
純正スプリングをカットしても遊びがない場合は車検に通ってしまいます。

純正スプリングをカットしてしまうと
走行時にハンドルが取られたり何らかの衝撃で
スプリングが外れてしまう事もあります。

 

ミライースでもローダウンサスに変えたらアライメント調整は必須!

ミライースをローダウンすると「調整式ラテラルロッド」というものを
取り付ける必要があります。

純正ラテラルロッドのままローダウンサスに交換すると
左右で異なるコーナーリングの動きをしてしまいます。

 

なので、ローダウンをするときは
調整式ラテラルロッドに交換しないといけないのです。

ラテラルロッドはスズキ車に取り付けられていますが
ダイハツ車にもリア側に取り付けられています。

 

まとめ

  • ローダウンサスに交換すると路面からの衝撃をまともに受ける
  • ローダウンサスの工賃はオートバックスで2万円以上
  • ダイハツ車はディーラーでDスポーツの製品を注文できる
  • 車高を下げる場合はラテラルロッドを取り付けないとダメ

 

ローダウンサスに交換すると路面の凹凸の衝撃を
まともに受けることになります。

ミライースでも車高を下げるとかっこ良くはなりますが
デメリットもあるので交換を検討しているなら慎重にしたほうが良いでしょう。

ダイハツ車にはDスポーツというショップがありますが
ディーラーでも注文ができて取り付けもできます。

不安な場合は、ダイハツディーラーで直接聞いてみると良いでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ミライース専科の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライース専科の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【ミライース】LA350Sは値引きができる?値引き相場を知ったうえで値引きをしないと確実に失敗する!

  • ミライースの点火プラグ交換時期を守り実燃費を「15km/lから20km/l」にした方法

  • L350Sミライースの評価は?実際に運転してみた辛口の感想!

  • 【LA350S】ミライース安全装備は充実している?ペダル踏み間違いはないのか?

  • ミライースにリモコンエンジンスターターは簡単に取り付けられる?配線図も紹介!

  • ミライースのシートカバーは取り付けるべき?メリットとデメリット