1. TOP
  2. ミライースの情報
  3. ミライースのオプション選びで後悔したくない!注文時に取り付けるべきものは?

ミライースのオプション選びで後悔したくない!注文時に取り付けるべきものは?

ミライースを買おうと決断した時は
ボディーカラー選びの次にオプション選びに悩みますよね。

色選びと違ってスパッと簡単にオプションを
ガンガン決める人は本当に少ないでしょう。

 

ミライースにもお得なセットパックもありますが
単体のオプションも多数そろっています。

今回は失敗しないオプションの選び方や
ミライースを買うなら絶対につけておきたいオプションを紹介していきます。

 

ミライースを買うなら後悔しないオプション選びはこのやり方!

引用:ダイハツ・ミライースHP

説明するまでもありませんが新車には
以下のようなオプションがあります。

  • メーカーオプション
  • ディーラーオプション

 

簡単に説明すれば、メーカーオプションは後付けはできないですが
ディーラーオプションは後付けが可能です。

最も安く新車を買う費用を抑えたいなら
オプションをケチるのが一番です。

 

メーカーオプションはとりあえずつけていたほうが良い?


引用:ダイハツ・ミライースHP

ダイハツ・トヨタの安全装備は正直に言えば
ほかのメーカーより費用をケチっていると思われます。

はっきり言えば、安全装備は専門の業者から自動車メーカーが仕入れて
車に取り付けていると考えたほうが自然です。

つまり、安全装備はメーカーは作っておらず
専門の業者から自動車メーカーが買っていると考えたほうが良いです。

トランスミッションの大手メーカー「アイシン」もそうですが
値段が高そうな製品やものすごく安そうな製品があります。

 

ダイハツ・トヨタは、ほかのメーカーよりも安い安全装備を選び
自社が開発する車種に取り付けているのだと思われます。

ほかのメーカーよりも性能が劣る安全装備が備わっていますが
付いていないよりもついていたほうが良いので
とりあえずつけていたほうが良いかもしれません。

 

ミライースの使い方や価値観でオプション選びも変わる?


引用:ダイハツ・ミライースHP

ミライースの使い方によっては
オプションの選び方も変わってきます。

たとえば、ミライースで知らない土地に出かけることが多いなら
カーナビゲーションは必要なオプションといえます。

 

しかし、機能を使いこなせそうにないカーナビゲーションを買っても
使いにくいだけなので、その場合はディーラーで買わないで
大手カー用品店で買っても良いでしょう。

大手カー用品店で販売しているカーナビゲーションも
ディーラーで販売しているのと、性能はほぼ変わりません。

 

本当に、そのオプションは必要なのかや
日々の車の使い方を考えたうえでオプションを選んでいきましょう。

 

優先順位はメーカーオプション


引用:ダイハツ・ミライースHP

ミライースに関しては、メーカーオプションを選ぶことができるか謎ですが
どんな新車でも優先順位はメーカーオプションと考えたほうが良いでしょう。

なぜならメーカーオプションは、後付けができないからです。

筆者が新車を買ったのは安全装備も何もない時代でしたし
誰も言っていないのに販売店が勝手に展示車を買う前提で
話を勝手に進めていたのでメーカーオプションを選べませんでした。

メーカーオプションを付けるかどうか迷ったら
取り付けるという風にしたほうが後悔しにくいです。

 

ミライースの場合は選べるメーカーオプションはないですが
グレードによっては装備が違うのでグレードでメーカーオプションを選ぶしかないです。

上級グレードが一番良いわけではないので
付いている装備によって使い分けをしたほうがよさそうです。

 

ミライースを買ったら絶対つけてたいディーラーオプション

ミライースのディーラーオプションは
公式サイトで見る限り、ほかの軽自動車のオプションより
かなり少ない感じがします。

その少ないオプションの中で一番最初に
ミライースに取り付けておきたいディーラーオプションがあります。

 

筆者が「これは付けていたほうが良い」と感じた
独自の偏見と独断で選んだオプションを紹介します。

 

電動格納式ドアミラー&電動格納式ヒーテッドドアミラー


引用:ダイハツ・ミライースHP

ミライースを買ったら絶対につけておきたいオプションは
「電動格納式ドアミラー&電動格納式ヒーテッドドアミラー」です。

ミライースのグレード「G“SA Ⅲ”」で4WD仕様は
電動格納式ヒーテッドドアミラーが標準装備です。

「G“SA Ⅲ”」「 X“SA Ⅲ”」意外のグレードは
ディーラーオプションの設定があります。

一番安いグレードでは、電動格納式ではないので
洗車機に入れるときはドアミラーを自分の手で格納させるしかありません。

 

しかし、電動格納ミラーを取り付けておけば
ボタン一つでドアミラーが格納するので便利です。

取り付け工賃含めて「42,438円」です。

 

ウインドウ撥水コーティングセット


引用:ダイハツ・ミライースHP

フッ素系シリコーン被膜がガラス面と科学結合をして
優れた撥水力を発揮するというオプションです。

見た目ではわかりにくいオプションですが
車の美しさを維持することとフロント視界をよくすることを考えれば
注文しておきたいディーラーオプションのひとつです。

約12か月の寿命を誇っているので
寿命が来たら社外品でガラス面をコーティングしていくと良いでしょう。

ウインドウ撥水コーティングセットは油膜の付着を防止して
寒冷期の霜や水などが付着しにくくなります。

 

ワイパーのビビり音も防止できるのも、大きな特徴といえます。

工賃込みで「7,260円」です。

ワンダフルサポート

ディーラーオプションではないですが
ダイハツで新車を買ったら「ワンダフルサポート」に加入するのも良いでしょう。

自分でメンテナンスができないという場合は
とても便利なメンテナンスパックです。

 

定期点検などは、販売店からハガキで通知されるので
うっかり忘れていたという事もありません。

販売店によってはワンダフルサポートに加入すると
豪華な特典がもらえる場合もあります。

メンテナンスパックに加入しておけば消耗品の交換費用も
通常よりもお得な価格になります。

※「お得な価格」は各販売店によって違います。

 

ミライースの外観におすすめのオプション


引用:ダイハツ・ミライースHP

ミライースの外観をカスタムするなら社外品も良いですが
耐久性を考えると、ディーラーオプションのほうが明らかに良いです。

さらに、ミライースの形状やデザインにマッチしやすいオプションも
豊富にあるのでカスタムしたい場合は検討してみるのも良いでしょう。

 

またまた、筆者の独自の偏見と独断で
「これは付けたらかっこよくなる」というオプションを
紹介していきます。

 

エアロパック


引用:ダイハツ・ミライースHP

ダイハツのエアロシリーズなのか「エアロパック」という名前で
エアロパーツをセット売りしている場合が多いです。

ミライースのエアロパックは
以下のエアロパーツが装着されます。

  • フロントロアスカート
  • サイドストーンガード

 

工賃込みで「55,638円」という値段なので
初代ミライースでもあったエアロパックより安くなってます。

 

ディーラーオプションのエアロパーツも
最近はかっこ良くなってきました。

筆者がエアロパーツを取り付けようと色々と社外品を見たり
ディーラーオプションを見たりして検討していたことがありました。

結局、ディーラーオプションのエアロパーツのほうが
かっこ良く感じたので取り付けた感じです。

 

ミライースのディーラーオプションは自分でも取り付けは可能?

ミライースのディーラーオプションは
部品だけを注文できるので自分で取り付けも可能です。

楽天市場でもディーラーオプションが販売されているので
自分で取り付ければ、いくらかは安く費用を抑えることができます。

基本的に、取り付けが難しいディーラーオプションは
かなり少ないのでチャレンジしてみても良いでしょう。

ただ、エアロパーツ系は一人では作業はできないので
複数人で作業するようにしましょう。

 

ディーラーで取り付けないほうが良いのオプションはある?

ネット通販のほうが値段が安い同じような製品が
ディーラーオプションにあります。

筆者の独自の偏見と独断で「これは付けないほうが良いのでは?」と
そう思ったオプションを紹介していきます。

 

ドライブレコーダーは大手カー用品店かネット通販のほうが安い

ドライブレコーダーはディーラーオプションにもありますが
大手カー用品店やネット通販のほうが値段は安いです。

確かに、ディーラーオプションのドライブレコーダーは
オリジナル製品かもしれません。

しかし、その違いは我々一般人には分かりにくいので
どうしても値段が安いドライブレコーダーを選んでしまいます。

はっきり言って、ドライブレコーダーを取り付けるなら
販売値段が安いネット通販や大手カー用品店で買って取り付けたほうが良いでしょう。

 

ドアバイザー

「これいる?」

筆者は、最近そう思い始めました。

 

昔はドアバイザーが付いていない中古車に
筆者は、わざわざ自分でドアバイザーを買って取り付けていたことがありました。

ドアバイザーの目的は雨の日に少し窓を開けて
換気するとか車内の熱気を出そうというのが目的です。

今の車にはエアコンが装備されていますし
換気モードも付いているので必要は無くなっていますね。

ドアバイザーは風切り音がひどくなる原因になりますし
なによりも、洗車をするときに邪魔になるパーツです。

 

車のデザインも損なわれるので
必要性を感じないなら取り付けなくても良いと思います。

 

ミライースにオプション含めて160万支払う価値はあるのか?


引用:ダイハツ・ミライースHP

必要・不要構わず、ミライースにオプションを手当たり次第取り付けると
上級グレードならあっという間に150万円を超えます。

しかし、本当にそのオプションが必要なのかを考えれば
10万円近く費用を抑えることができます。

ミライースでもカスタムをしたいという人なら
外観のオプションを取り付けていけば後悔は少ないでしょう。

「エコカーだから安く費用を押さえたい」という場合は
最低グレードで何もつけなければ、100万円以下で新車が買えます。

 

ミライースに100万以上出す価値があるかどうかは
人によっても異なるでしょう。

筆者の意見を言わせてもらえれば
ミライースに100万円以上出す価値は十分にあると断言します。

その理由は、エコカーだから妥協して安い費用で買うというのは
筆者の考えからすれば間違った新車の買い方になるからです。

同じ新車を買うなら妥協をあまりしないほうが
後悔は少ない感じがします。

 

まとめ

  • オプションは2種類ある
  • メーカーオプションはとりあえずつけていたほうが良い
  • 優先順位はメーカーオプション
  • 車の使い方や価値観でオプション選びは変わる
  • 100万円以上出す価値があるかは価値観による

 

新車を買う場合は「メーカーオプション」と「ディーラーオプション」があり
ディーラーオプションは後付けが可能です。

なので、優先順位として考えるなら
メーカーオプションを先に選んでから
ディーラーオプションを選んだほうが良いでしょう。

 

また、車の使い方によっては
オプション選びも違ってきます。

でたらめにいろんなオプションを付けると
必ず後悔してしまいます。

なので、必要に感じるオプションを
つけていくようにすれば後悔は少なくなります。

たとえば、カスタムをしていこうと考えた場合は
外観や見た目に関するオプションを付けていきます。

 

長く乗り続けたいという場合はミライースなら
「ウインドウ撥水コーティングセット」を選部のも良いですね。

基本的に、ミライースに100万円以上出す価値があるかどうかは
あなたの考え次第で変わってきます。

 

ミライースは新車値段が安いですが
やり方によっては値引は可能です。

ディーラーオプションも値引きができるので
少しでもミライースを安く買いたいなら参考に読んでみてくださいね。

↓↓    ↓↓

【ミライース】LA350Sは値引きができる?値引き相場を知ったうえで値引きをしないと確実に失敗する!

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミライース専科の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライース専科の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ミライースのロアアームブーツの交換時期はいつ?交換しないと命の危険も…

  • ミライースにアルミテープチューニングは効果ある?実際にやってみた辛口感想

  • ミライースのクーラント交換交換時期は?色違いを混ぜても良い?

  • ミライースの故障は本当に多い?よくある故障のデマとは?

  • ミライースにエアロフィンを付けた効果は?取り付け位置も調べてつけてみた結果

  • ミライースにスロットルスペーサーを取り付けた効果は?実際に取り付けてみた!