1. TOP
  2. メンテナンス
  3. ミライースはCVTフルード交換をしなくても良い?交換するならどこで交換する?

ミライースはCVTフルード交換をしなくても良い?交換するならどこで交換する?

最近の車はCVTフルードは無交換を推奨していますが
ミライースの場合はCVTは一応交換が必要になっています。

CVTなのにショックが大きくなったとか
ニュートラルからドライブにシフトを入れると
振動を感じるなどという場合は交換が必要といわれています。

 

今回は、ミライースのCVTフルード交換時期について
紹介をしていきます。

 

ミライースのCVTフルード交換時期はいつ?

ミライースのCVTフルード交換時期は
走行距離「50,000キロ」ごとで交換となっています。

新車から乗って「50,000キロ」で交換すれば
車は良好な状態を維持できます。

 

そもそもCVTフルードって何?

CVTとは「Continuously Variable Transmission」の略で
車の変速機のひとつを言います。

車の変速機というのはギアとギアの組み合わせにより
エンジンに効率よく駆動力をタイヤに伝えるための部分です。

ポイント

CVTというのはギアがない変速機で
モーターのようなスムーズな加速が特徴です。

段階のない変速をしていくので
「無段変速機」とも呼ばれています。

 

CVTフルードは特別なオイルを使用

CVTフルードとエンジンオイルを混同する人がいますが
これは全く別物です。

CVTには、CVTフルードと呼ばれる
専用のオイルが使われています。

CVTフルードは「オイル」という表現は間違い

「オイル」と「フルード」は別物で
一般的にオイルというのは、「潤滑油」を指します。

ですが、フルードというのは油圧をかけて
機械を動かすために使用されるオイルを指すのです。

なので、「オイル」という表現は間違いで
「フルード」と呼ぶのが正解です。

 

これまで、「AT」という変速機が使用されていて
ATフルードとかATFと使用されていました。

ですが、ATフルードとCVTフルードとは違う性能が求められているので
同じフルードを使用することができません。

 

ミライースの場合は「アスミックCVTフルードDFE」を
メーカーは推奨しています。

 

CVTフルードに求められる性能って何?

結論から言えば、滑らない機能を持ったオイルが
CVTフルードには求められています。

現在主流となっているCVTの構造はスチールベルトと
自動的に幅を変えることが可能な二つのプーリーで構成されています。

ポイント

CVTの変則時はショックがない無段変速機なので
プーリーとスチールベルトがつながるポイントが変化して
自由にギア比を変えられるようになっているのです。

ですが、スチールベルトとプーリーが直接触れている部分には
エンジンの力を伝えている場所なので、滑ってしまうと問題があります。

 

なので、CVTフルードはATフルードのように潤滑させるだけの機能では
全くうまく駆動力を伝えることができないのです。

つまり、ATフルードとは全く逆の
滑らせない機能も求められているという事です。

 

ミライースのCVTオイル交換は無交換でもよい?

CVTフルードを交換しないとどうなる?

CVTフルードを交換しないで走り続けていると
燃費が少しずつ悪くなっていきます。

さらに、CVTフルードは汚れていきます。

CVTも内部から音が大きくなり
異音が出るようになるのです。

 

ディーラー整備士にCVTフルードは交換したほうが良いか聞いたことがありますが
CVTフルードは交換したほうが良いという返答が返ってきました。

行きつけのダイハツディーラーの担当整備士は正直で的確な返答が多く
バッテリー交換はディーラーでしないほうが良いとアドバイスするくらいです。

 

なので、CVTフルードに関しては
交換したほうが良いというのは事実なのだといえます。

さらに、聞き出した事例によればCVTを交換していない車は
異音や滑りが結構あるという事でした。

 

フルードは汚れるし使用していると
劣化していくのでエンジンオイルとあまり変わりません。

ただ、劣化速度はエンジンオイルよりも
かなり遅いというだけの話です。

 

大手カー用品店がCVTオイルの交換を拒む理由

大手カー用品店では、年式が古い車種で新車からCVTフルードを交換していない
距離を多くは知っている車は作業を拒否される場合があります。

それは、CVTフルードを交換してから車の調子が悪くなったり
故障してしまう可能性も考えられるからです。

ポイント

筆者のミライースは中古で買って走行距離が10万キロを超えてましたが
前のオーナーがCVTフルードを交換していたので交換をすることができました。

新車から5万キロ走行してCVTフルードを交換していたなら
交換をしても故障はありません。

 

筆者のミライースはダイハツディーラーでCVTフルードを
毎回交換してもらいますが故障したことはないです。

 

過走行車で新車からCVTフルードを交換していないなら何もしないほうが良い!

ポイント

過走行車で新車からCVTフルードを交換したことがないなら
もう、その車はCVTフルードの交換はしないほうが良いかもしれません。

なぜなら、過走行車の場合はCVTフルードはCVT内部に
かなりの鉄粉がたまっているからです。

 

なので、下手に交換をしてしまうと
故障の原因につながってしまう可能性もあります。

たとえ、オイルチェンジャーを使って交換しても
鉄粉は完全に取り除くことができません。

 

しかも、フルードの入れ替えをしているときに
内部で鉄粉が舞ってしまう可能性もあります。

つまり、走行距離が少ない間に
定期的にCVTフルードを交換したほうが無難だといえます。

 

メーカーがCVTオイルの交換をしてほしくない理由とは?

簡単に言えば、交換するときにゴミが入ると
故障の原因になるのが大きな理由です。

メーカーによってはCVTフルードを
不用意に交換してほしくないと考えています。

 

なので、メーカーによっては交換不要という事を
取扱説明書に記載している場合もあるのです。

メーカーとしてはメンテナンスフリーという肩書を盾に
「早く故障させて新車に乗り換えてほしい」というのが本音かもしれません。

 

CVT交換に関してもメーカー側の
「あまりCVTに長持ちされても新車が売れない」という本音が
見え隠れしているように見えます。

メーカーの言う「メンテナンスフリー」は
メンテキラーからすれば、ありがたい言葉かもしれません。

ポイント

ミライースの場合は走行距離50,000キロで、交換となっています。

長くミライースに乗り続けるなら
CVTフルードはメーカー水晶の走行距離で交換したほうが良いでしょう。

 

CVTフルードの交換工賃はどこでするほうが良い?

筆者はこれまで自分でメンテナンス一式やってました。

ですが、腰痛になってしまい作業ができなくなってからは
一時期、大手カー用品店で作業をしてもらってたんです。

 

大きな不都合や故障はなかったですが度々断られたり
「本当に交換してよいですか」と何度も念を押されるのが嫌になり
ディーラーで作業をしてもらうようになりました。

現在行きつけになっているダイハツディーラーがありますが
そこでのCVTフルード交換のほうが大手カー用品店より安いです。

ポイント

大手カー用品店は「6,500円~(税込7,150円~)+CVTフルード代」となります。

大手カー用品店の場合は客が無知だとわかれば
店の中でそれなりに高いフルードをお勧めしてくるので注意が必要です。

 

ディーラーの場合は店舗によってはリッター売りですが
全容量を交換したとしても「5.7L」なので、あまり高くはなりません。

筆者の行きつけのディーラーは12,000円(フルード・工賃込み)で
作業してもらえるので結構安いと考えています。

 

そのうえ、作業を待っているときに無料でジュースや
お菓子が出るので食べたり飲んだりして待つことができます。

現在の担当整備士は言わなくても点検をしてくれて
少なくなっていたらウォッシャー液も補充してくれるので
特に不満はないです。

 

CVTフルードは自分で交換できる?

結論から言えば、知識があれば交換は可能です。

その代わり自己責任で
全て作業をしないといけません。

 

CVTフルードの場合はエンジンオイルと違い
かなり神経質になって交換をしないと故障の原因になります。

 

CVTフルードを交換するときに必要な工具は?

  • ジョウゴ
  • オイルチェンジャー
  • メガネレンチ

 

必要になる工具だけを紹介したのですが
もちろん、オイル吸収箱なども必要です。

CVTフルードはドレンボルトからでも
フルードを抜くことができますが
外すドレンボルトは鳴れないとどちらか分からないかもしれません。

 

慣れてくると、エンジンオイルのドレンボルトと
CVTフルードのドレンボルトは分かるようになります。

 

10年落ちの中古車ならCVTフルードは交換してはいけない?

大手カー用品店の場合は不都合が出る可能性があるからという理由で
断られることが多いです。

しかし、ディーラーの場合は断られることは少なく
快く引き受けてくれることが多いですね。

 

そういう事から考えると、10年落ちの車でも
ディーラーなら交換をしてくれると考えられます。

筆者の場合は10年落ちの車を買ったことがありますが
どれも「AT」だったので、ATの場合に経験したことを説明しています。

ポイント

大手カー用品店でATFは交換しないほうが良いといわれていた車でも
ディーラーで交換しても何もなかったので
CVTフルードに関しても同じだと思われます。

つまり、10年落ちでCVTフルードを交換する場合は
ディーラーのほうが安心できるという事になります。

 

残念ながらH24年式の初代ミライースでも
2020年現在では10年落ちにはなっていません。

ほとんど筆者の車をもとにした経験なので
車によっては状況が異なる可能性もあります。

 

新車で買った車をディーラーで初めてのCVT交換はあり?

新車から50,000キロ走行した場合は
ミライースはCVTフルードの交換となっています。

新車で買った車をディーラーで交換してもらうなら
交換した日も管理してくれるので購入したディーラーで
全て任せることを強くお勧めします。

 

ミライースのCVTフルードは、「アスミックCVTフルードDFE」を指定しています。

 

まとめ

  • ミライースのCVTフルードは走行距離「50,000キロ」ごとに交換
  • CVTフルードを交換しないで走り続けると燃費が落ちる
  • ミライースのCVTフルードは「アスミックCVTフルードDFE」
  • CVTフルードはディーラーで交換したほうが安心
  • CVTフルードは自分でも交換が可能

 

ポイント

ミライースのCVTフルードは
走行距離「50,000キロ」ごとで交換したほうが良いでしょう。

CVTを交換しないで走り続けると異音がしたり
燃費が悪くなったりします。

 

CVTフルードはメーカー指定のフルード以外は
使用しないほうが無難だといえます。

CVTフルードを交換するときに一番迷うのが
大手カー用品店が良いかディーラーが良いかだと思われます。

 

筆者は、大手カー用品店よりも
ディーラーで交換したほうが安心だと考えています。

なので、他人様にお勧めする場合も
ディーラー以外は絶対にお勧めしません。

 

車のメンテナンスが楽しみだと感じる人も
中に入るのですが、CVTフルードの交換も自分でできるので
ちゃんレンジしてみてはいかがでしょうか。

メンテナンスを楽しみに感じている人には物足りないかもしれませんが
CVTフルードの交換はオイルチェンジャーを利用すると作業が大変楽になります。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミライース専科の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライース専科の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ミライースのクーラント交換交換時期は?色違いを混ぜても良い?

  • ミライースのエアコンフィルター交換時期はいつ?オートバックスとディーラーの費用は?

  • ミライースの静音化はどうすれば良い?本当に効果はある?

  • ミライースにローダウンサスを取り付けるとどうなる?取り付け後のメリットデメリット

  • ミライースのサスペンションは消耗品!交換はチューニングだけではない

  • 【LA300S・LA350S】ミライースの中古相場の金額はかなり落ちている?おすすめグレードはどれ?