1. TOP
  2. カスタムパーツ
  3. ミライースをカスタムするならどこから始めると良い?

ミライースをカスタムするならどこから始めると良い?

これまで、カスタムを楽しんできた人にとって
ミライースに乗り換えたとしてもいじっていきたい人は多いでしょう。

中には、初めて車いじりを
やりたいという人もいるかもしれません。

 

車を移動手段の道具と思えない人に
おすすめのミライースのカスタムについて紹介していきます。

【はじめに】車にカスタムするというのは悪いことなのか?

結論から言えば、車検に通るカスタムなら
悪いことではありません。

カスタムというのは改造とも言い換えることができますが
改造といっても実は明確な定義はないのです。

改造とは?

メーカーが販売している状態から手を加えたら
すべて改造車になると考えられます。

たとえば、外装なら社外品のエアロパーツや
メッキパーツのカバーを張り付ける行為も
立派な改造車となります。

 

改造車とは原型がわからないくらいにカスタムした状態を
イメージする人も多いですがそれは大きな勘違いです。

「改造車=大幅な改変を加えたもの」ではなく
少しでも手を加えてカスタムをした車は見た目がわからなくても改造車になります。

違法になるカスタムと違法ではないカスタムの違い

車をカスタムするといえば
これまで車をいじってこなかった人からすれば
「改造車=違法」と考えるかもしれません。

筆者は過去にターボ車に乗っていてロアアームバーやローダウンなどや
ブースとアップなど他いろいろチューニングをしていたことがあります。

 

外見もエアロパーツを取り付けていたり
ブレーキランプも改造していたのです。

すべての改造車が車検に通らないわけじゃない!

そんなガチガチの改造車を所有していたことがありますが
車検で通らなかったことは一度もありません。

当時はクリアランプを取り付けると車検に通らなかったのですが
筆者は対策をしていたので、取り外さずに通すことができました。

 

※現在は緩和されクリアランプでも車検に通ります。

なぜなら、改造をしても違法改造は
全くしていなかったからです。

ディーラーが改造車を車検に通さない本当の理由

ディーラーが改造車を車検に通さない理由は
もし車検に通らなければ営業停止になるからです。

しかも、今の時代はネットで個人でも晒すことができるので
ちょっとした間違いでも評判を落とす原因につながります。

 

なので、完全にノーマル状態の車しか
車検に通らないというしかないのです。

ディーラーが断ったから違法改造なのかといえば
全くそうではありません。

 

筆者もミライースの指示器はLEDに交換していて
ディーラーでは「車検に通らない」と言われたのです。

理由は、方向指示器の光が強いからでした。

 

しかし、オートバックスで車検を受けると
問題なく車検に通すことができました。

車検は、ある程度の部分は
検査員が車を目視でチェックします。

ディーラーが改造車を車検に出せない理由

ディーラーで聞いた話では方向指示器も検査員が目視で
チェックするらしいので通らないかもしれないということでした。

先ほど説明した通り、ディーラーとしては改造車を車検に出すと
営業停止処分を受ける可能性があります。

 

なので、一応元に戻してほしいということだったのです。

筆者はもとに戻すのが面倒なので
大手カー用品店に依頼して通しました。

改造するとディーラーに入庫できないって本当?

違法改造車は、ディーラーに入庫できません。

昔、筆者はナンバープレートに
カバーを取り付けていました。

ナンバープレートだけが違法でもNG

ナンバープレートにカバーを取り付けていただけで
ほかはノーマル状態の車でしたがディーラーに入庫できませんでした。

ナンバープレートのカバーをわざわざ外し
入庫を許可してもらいましたが
わずかな違法改造もディーラーは受け付けてくれません。

 

後で知ったのですがナンバープレートにカバーを取り付けるというのは
現在は違法改造とされています。

ディーラーに入れない違法改造は以下の通りです。

  • ローダウンして最低地上高が90ミリ以下になっている。
  • 社外のマフラーに交換していて、音量規制を越えている。
  • タイヤがフェンダーからはみ出ている
  • フロントガラスや運転席・助手席にスモークフィルムが貼ってある
  • 後付けのバックフォグ
  • ボディサイズが変わるエアロパーツ(保安基準では、全長±3センチ、全幅±2センチ、全高±4センチまでは、合法となっているが……)
  • その他、灯火類の改造は基本的に敬遠される

 

色々と細かいこと抜きで言えば
上記の通りです。

保安基準適合でもグレーゾーンがありますが
最近のディーラーは修理をしてくれます。

 

ちょっと調べればわかる違法改造車は
もちろんディーラーで入庫できません。

ミライースにカスタムする理由


ミライースHP

「エコカーにカスタムをするのは意味ないんじゃないか?」

「ミライースを改造する人っているのかな?」

 

ひょっとしたら、そういう疑問を持っている人もいるかもしれません。

筆者は、エコカーとは
「燃費の良い車」というイメージを持っています。

 

経済的な車というのは事実ですが
お金をかけてはいけないルールや法律はありません。

あなたの趣味の範囲でお金をかけていくほうが
快適で経済的な車に進化していくのです。

ポイント

たとえば、ミライースは収納があまりないなら
収納できる部分を増やす改造をすれば便利になります。

また、ミライースを改造する人は少数派ですが
他と違う個性を出したいならカスタムはするべきでしょう。

 

ミライースをカスタムする理由は
満足感を満たすためにするという事で良いのではないでしょうか。

ミライースの外装をカスタムする場合の注意点

ミライースの外装をカスタムする場合は
年式や型式を調べて買わないと少しパーツが合わない場合があります。

ミライース用だと思ってメッキパーツを買って
貼り付けようとしたら寸法が少し違ったという事は多いです。

 

筆者の場合は貼り付けるタイプなら
どこかの面に合わせて貼り付けます。

完全に合わないパーツの場合は
返品交換をして対処します。

 

大手カー用品店で2回くらい
返品交換させてもらいました。

返品するかもしれないという意識で
パッケージから商品を慎重に出すのがコツです。

ポイント

ホッチキスで止めている場合は
丁寧にホッチキスを取り除き商品が
合わない場合でも返品できるいうに丁寧に出します。

新品でも箱やパッケージが破れていると
交換するときに嫌な顔をされます。

 

ですが、きれいに取り出しきれいに元あった状態に戻し
返品すれば嫌な顔をされずにすみます。

LA300Sの商品はLA350Sには合わないこともありますし
書いていなくても合うことがあります。

 

たとえば、パワーウインドウスイッチ周辺は
どちらも共通したデザインなので
パーツがあれば取り付けは可能です。

それでも、カスタムパーツを買うときは型式を
しっかりと確認して買ったほうが失敗しないでしょう。

ミライースにお勧めのエアロパーツってある?

ミライースにお勧めのエアロパーツは
ディーラーオプションですが「エアロパック」です。

エアロパックは、以下の内容で取り付けが可能です。

  • フロントロアスカート:29,462円
  • サイドストーンガード:56,462円

 

エアロパックは別々で買うのと比べれば
「14,385円」ほど安く買うことができます。

「フロントロアスカート」が29,462円で「サイドストーンガード」が
56,462円なので、合計すると85,924円になります。

 

そう考えると、エアロパックでフロントロアスカートと
サイドストーンガードをいっぺんに買ったほうがお得という事になります。

筆者は自分でエアロパーツを取り付けるのに
どんなのが良いのか社外品もいろいろ探しました。

 

ですが、デザイン的に良さそうなのが見つからず
一番良いと思ったのがダイハツのディーラーオプションでした。

エアロパーツのデザインは人によっては好みが違うので
カスタムする参考にしていただければと思います。

エアロパーツを取り付けると段差は乗り越えられなくなる?

ミライースに限ってはエアロパーツを取り付けても
ローダウンをしていない限りは段差を乗り越えることができます。

筆者のミライースもエアロパーツがついていますが
コンビニの入り口にある段差も乗り越えることができました。

 

もちろん、底も擦らずにです。

なので、エアロパーツを取り付けているから
段差は乗り越えることができないという事はありません。

エコカーなのにどうしてエアロを付けるの?!その疑問に答えます

エアロパーツといえばスポーツカーが取り付けているイメージが
とても強いのではないでしょうか。

レース用で開発されるエアロパーツと
ディーラーオプションのエアロパーツは
取り付ける意味合いが異なります。

 

確かに、見た目重視だという意見も正解ですが
それだけではありません。

エコカーがエアロパーツを付ける理由

最近のエアロパーツはダウンフォースよりも空気の流れを整えるという意味合いが強く
エコカーが取り付けるエアロパーツは空気の流れを整えるためにつけることが多いです。

今どきのエコカーが取り付けるエアロパーツは
燃費向上を目的としたものが多いという事です。

 

しかし、社外品で開発されたものは
見た目重視で何の効果もないというのが正解です。

ディーラーオプションと一緒にされること自体が
迷惑な話だと言っておきましょう。

ミライースにエアロフィンを取り付けるのはあり?

新型ミライースには「エアロスタビライジングフィン」みたいなものが
ワイパーの付け根部分周辺に取り付けられています。

これも、空気の流れを整えて
空気抵抗を低くするパーツです。

 

新型ミライースについているエアロフィンは
樹脂と一体化されているので
洗車をしても取れることがありません。

エアロスタビライジングフィンは
トヨタのほとんどの車種が標準装備となっています。

 

トヨタ・アクアもテールランプの横に
エアロスタビライジングフィンが備わっています。

トヨタ・アクアにも取り付けられているという事は
効果はあるという事につながります。

そもそもエアロスタビライジングフィンって何?

エアロスタビライジングフィンは、細長い突起物で
小さなエアロパーツと考えて良いでしょう。

簡単に効果を説明すると、空気の流れを整えて
車の安定性を高める効果があります。

トヨタも実証済み

むつかしい話を抜きにすればトヨタが流速実験をして実証しているので
取り付ければ効果はあるという事です。

新型ミライースのテールランプには
エアロスタビライジングフィンはついていません。

 

なので、市販されている「エアロフィン」というパーツを
テールランプの横に取り付けます。

LA300Sの場合は新型ミライースと同じ場所に
エアロフィンを取り付けテールランプの横にも取り付ければ
効果は高くなるかもしれませんね。

 

テールランプにエアロフィンを取り付けると
車体周辺の気流収束を促進させることができます。

その結果、桐生の流速を倍速できて
後方のスタビリティがアップしやすくなります。

 

そうなると、ハンドリングの手ごたえや
操縦安定性が良くなり、空気抵抗も少なくなるでしょう。

ミライースにおすすめのホイールは?

新型ミライースのおすすめできるホイールは
4本スポークのホイールです。

スポークとはホイール外周部分を支えているリムと
車輪の中心にある穴の円形部分から放射線状に伸びている棒を
スポークと呼んでいます。

ホイールのハブとは?

ホイール中心にある穴の円形部分を
「ハブ」といいます。

スポーク部分が細くて数が少ないほど
フロントならディスクブレーキが見えるのでかっこ良く見えます。

 

新型ミライースの場合は外見のデザインがスポーティなので
スポーク部分が細いタイプのホイールが似合いそうです。

ミライースにお勧めの外装カスタムパーツ3選

ミライースにお勧めの外装カスタムパーツは
色々とありますが、その中でもおすすめのパーツを
3つに絞って紹介していきます。

筆者も実際に似たようなパーツを取り付けていますが
見た目も良くなるので参考にしてみてくださいね。

ウインカーリング

新型ミライースにもおすすめできる外装カスタムパーツは
ウィンカーリングというパーツです。

左右のウインカーにリング状になったパーツを
貼り付けるだけの簡単なカスタムです。

 

見栄えもかっこ良くなります。

あまり見た目が派手ではなくて控えめなカスタムですが
さりげない個性を出したいという場合は取り付けを検討してみてくださいね。

LA350Sミライース用ウォッシャーカバー

ミライース用のウォッシャーカバーですが
見た目がLA300Sでも合いそうな気がします。

ショップサイトではLA350Sミライース用と記載しているので
LA300Sに取り付ける場合は自己責任でお願いします。

ポイント

ウォッシャーカバーはメッキ調ですが小さいので
つけている感はとても薄いです。

少し光でキラッと光ったときは「おっ!」と感じますが
ほとんど、自己満足の世界ですね。

 

意外に第三者もあまり見ていないので
取り付けた本人以外は気が付く人は少ないでしょう。

先ほど紹介した「ウインカーリング」と同時装着すると
ヨーロピアンな印象を感じます。

 

ウォッシャーカバーの取り付けはウォッシャーの穴とずれないように
しっかりと位置合わせをしてから張り付けると良いでしょう。

メッキ調アンテナカバー

今回紹介しているカスタムはスポーティではなく
初代ミライース用にもアンテナカバーがあります。

新型のほうにもアンテナカバーが販売されていますが
これは、ヨーロピアンをイメージしたものです。

 

ミライースの外装パーツに
スポーティなカスタムパーツがないので
どうしてもメッキ調が中心のカスタムになりますね。

スポーティにカスタムしていきたいなら
自分で考えておこなっていく必要があるみたいです。

 

車用のストライプテープなどを利用して
スポーティな感じにしていくと良いでしょう。

ミライースに車高調を付けるのも面白いかも?

ミライースで車高調を取り付けている人は
街中を走っていても年に1回で会うか出会わないかです。

つまり、ミライースで峠を攻めるというイメージは
一般的にないのかもしれません。

ポイント

車両重量が軽いミライースに
車高調を取り付けることで走りを楽しむことができます。

走りを楽しむというのは何もハイパワーな車だけのものではなく
ミライースのような非力な車の場合は「車を操る」という楽しみ方が可能です。

 

 

車高調を取り付けることで
段差を乗り越えられなくなる可能性があります。

勘違いしてはいけないのは車高調を取り付けて
ディーラーに入庫できないというわけではありません。

 

また、車検も不通に通るので
問題は少ないです。

ミライースの内装をカスタムする場合

ミライースのカスタムは外装だけではなく
内装のカスタムパーツもたくさん市販されています。

ディーラーオプションで内装をカスタムしていくのも良いですが
自分で選んだ社外品パーツで内装を改造していくのも楽しいですよ。

 

内装カスタムを初めてするという場合は
どこからカスタムしていけば良いかを紹介していきます。

最初は電装品じゃなくてカバーを貼り付けるタイプが良い?

最初は車をカスタムする楽しさを知るためにも
内装から始めたほうが良いかもしれません。

外装のカスタムは車の乗り降りでした分かりませんが
内装のカスタムの場合は運転中でも視界に入ります。

ポイント

内装のカスタムは、あなたの空間をカスタムしていくことになるので
車に乗るときにドアを開ければ自分好みにカスタムされた空間が広がります。

車で通勤しているなら、通勤時に自分好みのカスタムをしている空間で
運転することになるので通勤タイムがリフレッシュ時間となるのです。

 

とくに、カバーを張り付けるタイプのカスタムパーツの場合は
値段の割に、印象ががらりと変わるので
最初はカバー貼り付けタイプを選んでカスタムしていくと良いですね。

ミライースの内装パーツは意外に
スポーティな印象を与えるパーツが多くラインナップされています。

 

シートカバーやハンドルカバーやシフトノブのカバーなど
色々と販売されているので選び放題ですよ。

ミライースの内装をカスタムするなら
最初はペダルカバーを取り付けると良いでしょう。

あまり目にする場所ではないですが
見た目がスポーティな印象にかわります。

内装パーツはスポーティに統一するのも良いですし
ヨーロピアンな雰囲気にしても良いでしょう。

 

カスタムは統一感を出すと引き締まりますし
かっこ良く見えます。

ミライース内装おすすめカスタムパーツ3選

ミライースの内装に関するカスタムは
色々とあり、迷ってしまいますね。

貼り付けるタイプの中でよさそうだと思った
3種類の製品を紹介していきます。

フロントドアスピーカーリング

ミライースにはフロント座席と後部座席に
スピーカーがあります。

フロントドアスピーカーリングは
その名の通りフロント座席のドアについている
スピーカー部分に取り付けるパーツです。

 

メッキ調のリングなので
見栄えがとてもよくなります。

両面テープで張り付けるだけで
純正パーツがおしゃれになります。

ドリンクホルダーリング

LA350Sミライースの場合はドリンクホルダーが
標準装備になっています。

LA350Sミライースのドリンクホルダーに
キラキラ輝くクリスタルが埋め込まれたリングが
とても華やかに見えます。

 

ドリンクホルダーリングを取り付けることで
ミライースの内装がゴージャスな印象に変化します。

両面テープで張り付けるだけなので
初めて車をいじる人でも簡単に取り付けられます。

エアコンダイヤルリング

エアコンのスイッチ部分はディーラーオプションで
取り付けることで個性が出ます。

ディーラーオプションとエアコンダイヤルリングとの組み合わせは
とても感じが良くなることは間違いありません。

 

エアコンダイヤルリングは淵部分がメッキで
正面から見るとカーボン製のようなデザインとなっています。

見た目がとてもオシャレですね。

まとめ

  • 車検に通る改造はディーラーでも入庫できる
  • 微妙な改造車はディーラーで車検は受けられない
  • エコカーでも快適な車じゃなければ意味がない
  • エコカーのエアロパーツは空気の流れを整えることがメイン

 

改造車はディーラーに入れないというのは
もはや、昔の話です。

改造車でも何も外さない状態で車検に通るなら
ディーラーで修理もしてくれます。

 

ただ、車検を受けるという事になるとディーラーは
かなり敏感に反応してしまいます。

たとえば、ウインカーを社外品のLEDに交換している場合は
光が強いという理由で取り外しをするように言われます。

ディーラーに外すように言われたからと言って
それが違法改造というわけではありません。

 

ディーラーは微妙な改造でも車検に通してしまうと
営業停止になる可能性があるのです。

 

なので、ディーラー側の考えでいけば改造車は
ほかのところで車検を受けてほしいというのが本音でしょう。

エコカーは我慢する車だというのは間違いで
快適に改造していきストレスのない車にしたほうが良いです。

 

ミライースをカスタムしていく中で
運転をした時の変化もあったほうが良いでしょう。

カスタムパーツは内外装だけをいじるのではなく
ボディ剛性もアップさせていくのも良いですね。

 

ミライースにボディ剛性を上げるための
ストラットタワーバーを付けるとどうなるか
以下のページで紹介しているので読んでみてくださいね。

↓↓     ↓↓

【LA300S・LA350S】ミライースにストラットタワーバーを付けるとどうなる?

\ SNSでシェアしよう! /

ミライース専科の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライース専科の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ミライースはタイミングベルト?タイミングチェーン?迷ったときはこの方法

  • 【LA300S・LA350S】ミライースにストラットタワーバーを付けるとどうなる?

  • ミライースにエアロフィンを付けた効果は?取り付け位置も調べてつけてみた結果

  • ミライースの査定相場はいくら?オプションは査定アップにつながる?

  • 【ミライース】LA300SとLA350Sとの違いは?加速性能・装備・外観・内装の何が変わった?

  • ミライースのキーレス連動格納ドアミラーを取り付けると便利?つけ方は?