1. TOP
  2. ミライースの情報
  3. 【ミライース】LA350Sは値引きができる?値引き相場を知ったうえで値引きをしないと確実に失敗する!

【ミライース】LA350Sは値引きができる?値引き相場を知ったうえで値引きをしないと確実に失敗する!

ピッカピカの新車を買うと
ワクワクドキドキが止まりませんよね。

ミライースの新車は87万円くらいで買えると
良くネット上で言われます。

 

ですが、87万で買えるといっても
それは下級グレードのみの話です。

 

現実的に上級グレードをみると
120万円をこえています。

いろいろな便利装備がついている上級グレードでも
値引きが可能なのかについて紹介をしていきます。

 

【ミライース】LA350Sは値引きができる?

結論から言えば
新型ミライースの値引きは可能です。

軽自動車は値引きができないという意見もありますが
ダイハツディーラーによっては値引きをしてくれるところもありますよ。

 

筆者の行きつけにしているダイハツディーラーは
車種によっては値引きをしないスタイルのようでした。

 

そのように言えば、「ほらみろ」と言われそうです(笑)

 

しかし、ダイハツディーラーを何件か行けば
値引きをしてくれると言っていたディーラーもありました。

 

ポイント

ディーラーや営業マンによってもやり方が違うので
「間違いなくできる」ともいえませんし「絶対できない」とも言えません。

値引き交渉をしようとして「うちは値引きしてませんよ」と
先手を打たれた場合は、あきらめて別のダイハツディーラーに行くほうがよいでしょう。

 

1件のダイハツディーラーがだめでも
ほかの地域にあるダイハツディーラーなら
値引きをしてくれる可能性があります。

理由は、ダイハツディーラーといっても
ダイハツというメーカーが運営しているのではないからです。

 

ダイハツディーラーでも違う会社が運営していることもあるので
違う会社のダイハツディーラーにも行くべきでしょう。

 

【ミライース】LA350S値引き相場はいくら?

新型ミライースの値引き相場は?

新型ミライースの値引き相場は
価格ドットコムを参考にすると「5万円~15万円」です。

全体的に見ても新車値段が安いから
値引きしないわけではないことがわかります。

 

新型ミライースの値引きの口コミを集めてみた

新型ミライースの値引きをした人の口コミを
ツィッターから集めてみました。

 

 

ミライースの契約で実際に値引きをした人の意見を見ると
10万円以上の値引きをしてもらった人はいないようですね。

最高でも「8万円」の値引きをしてもらった人はいますが
それ以上は、見当たらないって感じです。

 

 

ミライースの新車値段はほかの車種と比べても安いので
値引き交渉ができないと思っている人もいるようです。

思い込みだけで値引き交渉をしないというのは
損をしているといっても良いでしょう。

 

値引き交渉をすることは恥ずかしいと思っている人も多く
軽自動車でも乗用車でも値引き交渉をしないケースが多いです。

ですがここは、勇気を出して値引き交渉をしてみれば
お得に新車が買える場合もありますよ。

 

また、値引き交渉は悪いことだと
そう思っている人もいるようですがそれは大きな勘違いです。

なぜなら、車というのは高額な商品なので
値引きをする前提で商談が勧められるはずだからです。

 

ただ、一部のディーラーや営業マンが値引きをしたくないので
「値引きは悪いことだ」という流れにしているような気がしますね。

 

【ミライース】LA350Sをうまく値引きしてもらう3つのポイント

 

新型ミライースを値引きしてもらうには
いろいろなテクニックが必要です。

やみくもに値引きの話をしても
営業マンに嫌がられますし失敗する可能性が高いです。

 

新型ミライースの値引き交渉で上手くいくコツを
色々ある中から簡単にできる方法を3つに絞り紹介していきます。

 

ポイント1:ライバル車と競合させる

アルトHP

ミライースのライバル車は?

ミライースのライバル車と競合させれば
値引きしてもらえる可能性が高くなります。

ミライースの値引きに有効なのは「スズキ・アルト」や
アルトのOMCである「マツダ・キャロル」などです。

 

タイプが異なりますが「日産・デイズ」も
値引き交渉に有効です。

ライバルとする車も、しっかりと値引き交渉をして
値引きを含んだ総支払額をダイハツディーラーに提示して
値引き交渉を進めていきましょう。

 

ミライースの値引き交渉では
さりげなくライバル車も検討しているといいます。

とはいえ、本当にアルトやキャロルを考えているなら
検討していると伝えるのは自然な流れでしょう。

 


アルトHP

その中で、アルトまたはキャロルの値引きは
どれくらいだったのかを伝え、それより安くなるなら
ミライースに決めたいと営業マンに伝えます。

それで値引きをしてくれない営業マンなら
ほかのダイハツディーラーに行くほうがよいでしょう。

 

ダイハツディーラーは複数いっても問題ない

1件のダイハツディーラーが値引きしないからと言って
ほかのディーラーも同じだというのは間違った考え方です。

値引きしてくれないディーラーで交渉を続けるのは時間の無駄なので
違うダイハツディーラーに行くのが値引きを上手くするコツです。

 

ポイント2:ミライースのOEM車と競合させる


プレオプラスHP

ミライースのOEM車は、以下の通りです。

 

スバル・プレオ

トヨタ・ピクシスエポック

 

中身はミライースとほぼ同じで
ダイハツ生産のOEM車です。

販売するメーカーが違いますが外観や
内装などは全く同じで、価格も同じなので
ミライースと競合させれば値引き交渉が有利になるでしょう。

 

基本的に、ミライースは軽自動車の中で
1・2位を争うほど安い金額で新車が買えます。

なので、大幅な値引きは期待できません。

 

スバル・プレオとミライースを競合させれば
それなりに値引きしてくれるでしょう。

 

ポイント

プレオの総額がどれくらいかというのを営業マンに伝え
それより安くなるならミライースを契約したいと伝えれば
限界値引きに近くなるでしょう。

ダイハツディーラーでの値引きが厳しい場合は
サブディーラーと値引き交渉をすれば良いでしょう。

 

そうすると、より高い値引きを引き出せるかもしれません。

メーカーからの縛りがあるため、ダイハツの正規ディーラーでは
モデルチェンジ直前や時期などによりメーカーから値引きを抑えられる場合もあります。

 

サブディーラーでも新モデルの場合は
値引きは難しいとトヨタディーラーの営業マンが言ってました。

 

正規ディーラーで値引き交渉をいくらしても無駄なので
新モデルじゃないならサブディーラーでの値引きも期待できそうです。

サブディーラーはメーカーの直接の縛りがないので
いろいろと融通が利く場合があります。

 

ポイント3:オプションなどを値引きしてもらう


ミライースHP

ミライースの値引き交渉が終盤になると
そこからさらに、値引きを上乗せできます。

また、ミライース本体の値引きが限界になったとしても
ディーラーオプションを値引きしてもらうことができます。

 

ポイント

限界値引きを目指すなら最後に端数カットや
オプションサービスを要求するという方法もあります。

すでに、値引きもできている状態なら
そこからさらに10万円以上の値引きを要求するのは
営業マンも了承しませんし現実的に見ても無理です。

 

ですが、車両本体とディーラーオプションを別で
値引きをしてもらうなら値引きが可能です。

 

新車を買うのにお得も何もないだろうっていう考えは大損しやすい!

人によっては「新車を買うのにお得も何もないだろう」と
そのように考える人もいます。

確かに、値引きも何もしないなら
新車を買うのに得も何もありません。

 

値引きs交渉しないお客さんは営業マンにとって良いカモ

ディーラー営業マンも値引きをしない言いなりのお客さんは
格好のカモになりやすいと考えますし
色々なセールスをしやすいとも考えるでしょう。

営業マンも値引き交渉をしないお客さんは対応が楽なので
そういう客がたくさんいてほしいと願うのです。

 

値引きをしないお客さんの場合はディーラーとしても
車両保体価格そのままで販売できるのでありがたいと思うでしょう。

そんな奥手なお客さんに対し、営業マンは
色々とディーラーのためにお金を落としてほしいと考えるのです。

 

つまり、値引き交渉をしないお客さんは
営業マンにとっても都合が良いですし
良いカモとなってくれる可能性があるということです。

 

営業マンが「もう、来るな!」と言いたいお客さんとは?

営業マンが一番面倒で「もう、来るな!」と叫びたいお客さんは
「ネットでは○○万円引くよって書いてたよ」というお客さんです。

筆者はこういうサイトを運営しているので
あまり言いたくないのですが・・・

 

ネットの値引き情報ほど、あてにならないものはない!

値引きで失敗しやすいのは?

ネットに書いていた値引き情報を
そのまま値引きしてもらおうというのは
無理なことが非常に多いのです。

ユーザー側も勝手にハードルを上げてくるので
値引き交渉は失敗する可能性が高くなります。

 

担当する営業マンも泣きたくなるくらい
値引きを頑張っても満足してくれないケースが多いようです。

無理にネットにある最高値引き金額にしようと考えて
値引き交渉をしてはいけません。

 

ネット上の値引き金額は値引き目標としてなら参考になりますが
ネットにある「15万円値引きしてもらえました」というのは
うまく時期がマッチして条件を満たしたから成功したのです。

しかも、ディーラー側に対して、利益になることもしたと考えてもよさそうです。

 

ただ、自分だけが得をしようというような値引き交渉は
ミライースの値引きに限らず失敗しやすいです。

もちろん、ミライースは軽自動車ですし新車の値段も200万円もいかないの
8万円くらい値引きできれば成功したと考えても良いでしょう。

 

【ミライース】LA350Sの値引きしやすい時期はいつ?

新型ミライースを新車で買うときに
値引きしやすい時期は決算期の「2月、3月」です。

中期決算の「9月」やボーナス時期の「6月、7月」も
結構ねらい目の時期でもあります。

 

新車の値引きがやりやすい時期

新車の値引きが一番やりやすくなるのは「2月、3月」で
ディーラーでは営業職のノルマと同じように
年間の売り上げに対する目標を持って車を販売しています。

なので、決算期となる3月や、その直前の2月は目標達成に向けて
ディーラーは少しでも売り上げを伸ばそうとします。

 

なので、ダイハツディーラーは決算期になると
大幅な値引きをしてでも売ろうとするのです。

ここで注意しておきたいのが、3月になってから
新車を契約して買ったのでは3月中の納品に間に合わないことがあります。

 

4月以降の納品ということになると
売り上げは来年分としてカウントされてしまいます。

つまり、あなたが新車を買うという契約を取る優先度は下がり
値引きをしてもらえない可能性も高くなってしまいます。

 

なので、値引きを期待しているなら決算期より
2か月前か1か月前くらいからディーラーに行き
値引き交渉を進めていくほうが良いでしょう。

 

【ミライース】LA350Sの値引きは営業マンを味方にしたほうが良い?

結論を言えば、営業マンは
絶対に味方にしたほうが良いでしょう。

なぜなら、値引き金額などは最終的に
所長と営業マンだけの話し合いになるからです。

 

自分はお客様だからという理由で強い目の態度で
値引き交渉に挑むと失敗してしまいます。

ディーラーの営業マンも人間なので態度が悪いお客さんには
より良いサービスや値引きは提示したくないのです。

 

ポイント

営業マンの機嫌を取ろうとする必要はないですが
好印象を与えることにより交渉に応じてもらえやすくなります。

新車の購入だけがゴールではなく購入後も
メンテナンスやアフターフォローもディーラーで
してもらうことになります。

 

なので、営業マンとは長く付き合う意識で
最初の印象を良くしておくことが大切です。

新車をお得に購入するためや購入後のサポートを受けるためにも
営業マンとは友好関係を構築したほうがよいでしょう。

 

値引き交渉をすると営業マンと信頼関係が保てなくなるのはウソ

たまに、値引き交渉をすると営業担当の人と
信頼関係が保てなくなり険悪な状態になるという意見もあります。

しかし、値引き交渉をしなくても態度が悪いお客さんが相手なら
営業マンと険悪な艦これ委になるでしょう。

 

値引き交渉のやり方

値引き交渉をすると営業マンと険悪な関係になるのは
強引な値引きをしたときに限りです。

信頼関係を保ちながら値引き交渉をしていくことで
険悪な関係を避けることができます。

 

信頼関係を保つ値引き交渉というのは
強引な値引き交渉やお金の話を最初からしないことです。

商談の中で値引き交渉をするキッカケを作り
タイミングを見つけ出し
交渉をしたほうがうまくいきやすいです。

 

そのタイミングというのは
ミライースを新車で買う話の中で
あなたが見つけ出したり作り出す必要があります。

何も言わないのに値引きをすることは良い営業マン以外いないので
値引きの話を自分からタイミングを見つけ営業マンに伝えましょう。

 

【ミライース】LA350Sの納期はどれくらい?納期遅れはある?


ミライースHP

新型ミライースの納期は
「1ヵ月~2ヵ月」くらいです。

モデルチェンジから1年以上が経過しているので
売り上げも安定しているように見えます。

 

新型ミライースを注文する場合で
ディーラーに在庫があれば1か月くらいで納車されます。

ですが、ディーラーに在庫がなくてメーカーから発注となれば
2か月くらいで納車されるでしょう。

 

納車遅れは、今のところ無いようです。

 

【ミライース】LA350Sのリセールバリューは期待できる?

新型ミライースでリセールバリューが期待できるグレードは
どうやら、「L SAⅢ」「L」のようです。

ミライースは、どのグレードを選べばリセールバリューが
期待できるのか「夢あるカーライフ」様のデータをもとに紹介します。

 

以下のデータは、1年落ちのミライースのリセールバリューで
グレードごとに調査されています。

 

※1年落ち走行距離1万キロとして、修復歴なし・色は黒と白とした車両状態のデータです。
参照元・夢あるカーライフ様:https://www.junku.com/album/daihatu/mira_es.html

 

以上のデータを見るとリセールバリューで期待できるグレードは
「L SAⅢ」「L」のように思われます。

こうしたことから、上級グレードである「G SA III」は
値段が高いだけであまり人気がないように思えてきます。

 

ポイント

装備やプッシュ式スタートなど色々な装備が
充実している「G SA III」ですが
なぜか、人気はないようですね。

ミライースといえば100万円を超えては意味がないと
そう思う人のほうが多いのかもしれません。

 

筆者ならエコカーといえども快適な装備に加え
非常に良い燃費も求めるので上級グレードのほうが良いですけどね。

リセールの数値だけを見ると「SAⅢ」がついていない
普通の「L」のほうが期待できるみたいですが
自動ブレーキは万が一の時のためについていたほうが安心できます。

 

さらに、SAⅢ無しでもSAⅢありリセールバリューの相場は
ほとんど変わりません。

初期費用を抑えてリセールバリューもあまり気にしないなら
SAⅢ無しのグレード「L」を選んでも後悔は少ないでしょう。

 

3年落ちと4年落ちでは天と地ほどの差があるって本当?

ミライースは資産価値がないので
リセールバリューを気にするなら早めの売却も考えておきましょう。

ミライースは3年以内に売却するのと3年経過後に売却するのとでは
買い取り相場に大きな差が生まれます。

 

ポイント

初代ミライースのほうが人気があるので
部品取りとしては需要があるように思えます。

内外装の状態がきれいでエンジンも調子が良いということなら
3年落ちのミライースでも高値で買い取ってもらえる可能性があります。

 

また、ミライースは走行距離が多くなるほど値段が落ちていき
買い取り相場はかなり下がっていきます。

事故車じゃないなら40万円以上の底値がミライースにはあり
ある一定の年式になると走行距離に関係なく40万円台の金額に落ち着きます。

 

ガリバーの買取表を参考にすると年式が5年落ち以上の場合は
走行距離に関係なく3万円の買い取りが上限となります。

 

【ミライース】LA350Sにおすすめの社外品はこれだ!


ミライースHP

新型ミライースが納車されて
すぐに取り付けておきたい社外品があります。

筆者自身が便利だと、本気で思った社外品を紹介していきます。

 

ドライブレコーダー

 

最近は煽り運転などが話題になっていますが
ドライブレコーダーは万が一の時に取り付けていれば
何かと安心できる場合が多いです。

たとえば、後方から追突されても
証拠の動画があればスムーズに解決します。

 

ポイント

相手が「お前がバックしてきたからぶつかった」と
訳の分からない事を言ってきても後方も
ドライブレコーダーを取り付けていれば安心です。

筆者が特にお勧めするのは前方と後方を
同時に録画ができるドライブレコーダーです。

 

ほかにも、駐車監視機能もあれば
スーパーなどで駐車していても安心して買い物ができます。

スーパーでも当て逃げをする人がいるので
駐車監視機能はあったほうが良いでしょう。

 

収納ボックス&収納スペース関係

ミライースはお世辞でも
収納ポケットが多いとは言えません。

筆者のミライースも収納ポケットが少ないので
増設して収納ポケットを増やしました。

 

筆者が使用しているのは手作りですが
市販されているものは、もっとしっかりとした作りですね。

収納スペースはシートバックに
マルチテーブルを備えたタイプが良いでしょう。

 

シートフック

シートフックをミライースに取り付けて
かなり良かった製品の一つです。

買い物袋をひっかけることができるフックは
ミライースには装備されていません。

 

たしか、ムーヴには助手席のシートバックに
フックが備わっていたように感じます。

ミライースは一人で近くまで走らせるための車なので
シートフックは備わっていないのかもしれません。

 

ミライースで買い物をして買い物袋やエコバッグを
後部座席に置いておくと座席からバッグが落ちそうになることがあります。

ですが、シートフックにひかっけておくと
すぐに買い物袋を取ることができるし
後部座席に座るときも邪魔にはなりにくいです。

 

まとめ

  • ミライースでも値引きはできる
  • 営業マンと仲良くなる気持ちで交渉をしたほうが良い
  • 3年落ちと3年経過後では10万円の差が出る
  • 新車のミライースは「1ヵ月~2ヵ月」で納車される
  • ドライブレコーダーは取り付けていたほうが良い

 

ミライースでも値引きは可能なので
値引き交渉をガンガンしていきましょう。

新車の値引き交渉といえば「恥ずかしい」という意見もありますが
値引き交渉をしないで買っている人のほうが少ないので別に恥ずかしくありません。

 

値引き交渉をすると営業マンと
険悪な関係になるという考えの人もいますが
それは大きな勘違いです。

なぜなら、営業マンと仲良くしようという気持ちで
値引き交渉をしていけば、険悪な関係にはなりにくいからです。

 

逆に、営業マンのことを考えないで強引な値引き交渉をすると
営業マンと険悪な関係になるでしょう。

最初から値引きの話をしないで
自然な流れで交渉をしていけば問題はありません。

 

ミライースは3年落ちと3年経過後では
10万円ほどの差が出ることが多いです。

ミライースには資産価値がないので
年式が古くなったり走行距離が増えたりすると
どんどん買取金額が下がっていきます。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミライース専科の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライース専科の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • H24年式ミライースの評価は?実際に運転してみた辛口の感想!

  • ミライースをカスタムするならどこから始めると良い?

  • ミライースのサスペンションは消耗品!交換はチューニングだけではない

  • ミライースにアームレスト後付けしたい場合は?本当に必要なのか?

  • ミライースで車中泊はできるって本当?一体どうやってやるのか

  • ミライースのエンジンオイル交換の時期はいつ?自分で交換すると違法?