1. TOP
  2. カスタムパーツ
  3. 【LA300S】ミライースに最適なスロットルコントローラーは?取り付けるとどうなる?

【LA300S】ミライースに最適なスロットルコントローラーは?取り付けるとどうなる?

ミライースの加速を少しでも
早くしたいという人は多いかもしれません。

「発進がもたつく」とか「もう少し加速力が欲しい」という悩みを
スロットルコントローラーを取り付けると解決されます。

 

今回は、ミライースの加速を良くするために
最適なスロットルコントローラーを紹介していきます。

 

【LA300S】スロットルコントローラーとは?

 

スロットルコントローラーとは
電子制御式スロットルが搭載されている車の
アクセルの反応を上げるパーツです。

電子制御式スロットルは、従来からのワイヤー式スロットルと比べ
部品点数が少なくいろいろなメリットがある最新技術です。

 

電子制御式スロットルはミライースにも備わっている

電子制御式スロットルは
ミライースにも採用されています。

アクセルをべた踏みして加速しようとしても
電子制御スロットルは燃費改善のためにドライバーの意思とは逆に
アクセル操作がコンピュータにより制御されます。

 

アクセル操作がコンピュータに制御され
そのままスロットル開度につながることが多いです。

ユーチューブでミライースの全開スピードの動画が
投稿されていますが、そのほとんどが燃料カットされているので
あまり参考にならない可能性が高いです。

 

また、ミライースを運転していて「もたつきが気になる」と
そのような意見がチラホラとありました。

そうしたミライースの欠点は
「スロットルコントローラー」により解消されます。

 

筆者はストレスも感じませんでしたが
スロットルコントローラーとはどういうものか
興味があったので取り付けてみました。

 

スロットルコントローラーを取り付ける4つのメリット

 

スロットルコントローラーをミライースに取り付けたら
いろいろなメリットがあります。

スロットルコントローラーを取り付けた
筆者の感想は、走りがよくなったということです。

 

取り付け後にどういうメリットがあるのかを
一つ一つ紹介していきます。

 

アクセルのレスポンスが良くなる

スロットルコントローラーを取り付けると
もたつきのあったミライースが快適に走るようになります。

筆者もスロットルコントローラーを取り付けていますが
スムーズで速い発進を体感しています。

 

ミライースを運転していて「もたつきがあるなぁ」と思ったら
スロットルコントローラーを取り付けてみるとよいでしょう。

 

燃費をよくするためのアクセル操作がプログラムされている

また、スロットルコントローラーは
アクセルレスポンスをよくするだけではありません。

燃費重視の調整も可能なのです。

 

実際に燃費重視で走行してみたのですが
アクセルを踏んでも中々前に進みまなくなりました。

筆者の場合はストレスがたまるセッティングなので
今は、アクセルレスポンスの高いセッティングで使用しています。

 

クルーズコントロール機能付きの製品もある

 

値段的に高くなりますがスロットルコントローラーの中には
クルーズコントロール機能付きの製品もあるようです。

クルーズコントロールとは、設定した速度を保つ機能です。

 

そもそも、スロットルコントローラーは
電子制御式スロットルの電気信号を調整して
アクセルの踏み込みを認識させています。

つまり、アクセルを踏んでいなくても
踏んでいる状態にする電気信号を出すこともできるのです。

 

ミライースにクルーズコントロール機能が備われば
他と違う特別感を感じることができますね。

 

取り付けは簡単!間違えようがない

取り付けに関してはカプラーを割り込ませるだけなので
間違えようがありません。

スロットルコントローラーによっては
配線がややこしい場合もあります。

 

しかし、機能が少ないスロットルコントローラーを買えば
誰でも簡単に取り付けができるのです。

 

ポイント

ただ、スロットルコントローラーを自分で取り付けようとする人は
製品の取り付けにも楽しみを感じている人が多いのではないでしょうか。

取り付け自体に楽しみを感じているなら
クルーズ機能搭載のスロットルコントローラーを
取り付けてみるというのも良いかもしれませんね。

 

スロットルコントローラーを取り付けるデメリット

 

スロットルコントローラーを取り付けた後は
メリットだけではなくデメリットもあります。

どういうデメリットがあるのかを、紹介していきましょう。

 

取り付けが面倒かも?

 

スロットルコントローラーは製品によっては
配線を結線して取り付けたりする場合も出てきます。

筆者は車の部品を取り付けることが楽しみと感じるので
とくに面倒と感じたことはありません。

 

 

人によっては、すぐに体感したいと思う人もいるかもしれません。

そういう人に対しては
取り付けが面倒だと感じるかもしれませんね。

 

取り付け自体は、間違えようがないのですが
自信がない場合はオートバックスで取り付けてもらうとよいでしょう。

 

パワーアップするわけじゃない

スロットルコントローラーを取り付けても
ミライースはパワーアップはしません。

あくまで、アクセルレスポンスが良くなるだけで
パワーが上がるわけではないのです。

 

スロットルコントローラーとは?

悪く言えば通常のアクセル開度でも疑似信号で
アクセルを強く踏んでいるようにコンピュータに嘘をついて
走行しているような感じです。

スロットルコントローラーを取り付けてミライースの発進が良くなったので
取り付けてよかったと思っています。

 

ミライースにスロットルコントローラーを付けるとどうなる?

ポイント

ミライースのスロットルコントローラーを取り付けると
発進がスムーズで速くなったように感じられます。

筆者が取り付けたスロットルコントローラーは
pivot(ピボット)の「3-drive・COMPACT」です。

 

このスロットルコントローラーは
以下のモードを選ぶことができます。

 

  • ECOモード:1~5段階
  • SPORTSモード:1~7段階

 

実際にECOモードの「3」にして走行してみましたが
アクセルを深く踏んでいるのに、驚くほどゆっくりと
ミライースは加速していきます。

発進から目的の速度まで本当にジワジワ加速するので
周囲に迷惑がかかりそうで恐ろしかったですね。

 

ゆっくりすぎて、後方に車がいたら
かなり気を使ってしまいます。

快適に走りたいならSPORTSモードの「5」に合わせて
アクセルを踏むとストレスを感じず発進します。

 

スロットルコントローラーの最適なモード

おそらく、普通の人は「5」が
一番使いやすいかもしれません。

筆者は鋭い発進を求めているので
SPORTSモード「7」にしています。

 

使いにくいという人もいますが
筆者の場合はSPORTSモード「7」が丁度よいくらいですね。

 

スロットルコントローラーを付けるとパワーアップするのはウソ!

スロットルコントローラーはいろいろなメーカーから
販売されています。

最近では「パワスロ」という名前で
ブリッツから販売されているみたいです。

 

エンジンパワーを上げたいならこれ!

確かに、ブリッツの「パワスロ」という製品なら
パワーアップも可能かもしれません(だけど、ミライース用は無い)

しかし、普通のスロットルコントローラーでは
パワーアップは望めないのです。

 

スロットルコントローラーはアクセルの
レスポンスを上下させる製品なので
車の性能を上げるなら別の製品を買ったほうが良いでしょう。

 

自分でスロットルコントローラーは取り付けることができる?

スロットルコントローラーは
自分で取り付けは可能です。

スロットルコントローラーには
いろいろな機能を持つ製品があります。

 

スロットルコントローラーを簡単に取り付けたいなら

シンプルに取り付けをしたいというなら
多機能なスロットルコントローラーではなく
少ない機能を持った製品を買うようにしたほうがよいでしょう。

多機能のスロットルコントローラーの場合は
いろいろな場所に配線を結線していく必要があります。

 

車部品をあまり取り付けた経験がないなら
シンプルな機能を持つタイプにしたほうが取り付けやすいでしょう。

人によっては、取り付けが楽しいと
感じている人もいるでしょう。

 

そういう人は、多機能のスロットルコントローラーを
選んで取り付けてみるのも良いですね。

 

スロットルコントローラーを取り付けると誤作動を起こす?

スロットルコントローラーに関して検索をしていると
不都合が起きるというような内容の情報が見つかります。

特に、車好きのSNS「みんカラ」では
業者にスロットルコントローラーを取り付けてもらい
トラブルとなった事例が公開されていました。

 

取り付け前に、こうしたトラブルを起こした情報を読むと
スロットルコントローラーの恐ろしさを感じます。

内容としては、簡単に説明するとスロットルコントローラーをつけて
走行しているとアクセルが抜けた感じになったということです。

 

ポイント

取り付けが不十分な場合や車との相性が悪い場合は
不都合が起きる可能性もあるようです。

とくにスロットルコントローラーは初期設定を省くと
不都合を起こす可能性があるので注意が必要です。

ミライースでのトラブルは
今のところネット情報にありません。

 

だいたい、不都合を起こしているのは
人任せで取り付けをした車が多いです。

でも、自分で対処できない場合は
取り付けないほうがよいでしょう。

 

当然かもしれませんが、自分で取り付けができて
すべて自己責任で対処可能なら自分で取り付けると良いですね。

 

スロットルコントローラーを取り付けて車検は大丈夫?

スロットルコントローラーはアクセルの反応が敏感になりますが
車検は問題なく通ります。

筆者自身もスロットルコントローラーを取り付けて
ダイハツディーラーで車検前の点検をしてもらったのですが指摘されませんでした。

 

ポイント

逆にいえば、ダイハツディーラーでも
問題なく車検に通すことができるということになります。

不安ならお世話になっている整備工場で
聞いてみるのもよいでしょう。

 

車検フランチャイズなら間違いなく
車検で指摘されることはありません。

 

【LA300S】ミライースに最適なスロットルコントローラーは?

【LA300S】ミライースの最適なスロットルコントローラーは
ピボットの「3-drive・EVO」です。

なぜなら、自分で取り付けるにしても
ハーネスセットなので簡単に取り付けられるからです。

 

しかも、スロットルコントローラーだけの機能なので
操作もとても簡単に行えます。

「3-drive・EVO」は、以下の2つのモードを
選ぶことができます。

 

  • ECOモード:1~5段階
  • SPORTSモード:1~7段階

 

一番使いやすいのは「SPORTSモード:5」にセットすると
快適な加速を実感することができるでしょう。

Pivot(ピボット) 3-drive・EVO ハーネスセット【DAIHATSU ダイハツ ミライース 】

 

まとめ

  • スロットルコントローラーはアクセルの反応が敏感になる
  • シンプルな機能なら取り付けは簡単
  • ミライースに取り付けると発進が速くなる
  • エンジンパワーは上がらない
  • 初期設定をしたほうが良い

 

スロットルコントローラーを付けると
アクセルの反応が敏感になります。

スロットルコントローラーの中には
クルーズコントロール機能がついている製品もあります。

 

ポイント

多機能なスロットルコントローラーほど
取り付けがややこしくなります。

取り付けに自信がない場合は
大手カー用品店で取り付けてもらいましょう。

 

スロットルコントローラーを取り付けてもミライースの
エンジンパワーは上がりません。

アクセルのレスポンスが、よくなるだけです。

 

ミライースの発信のもたつきを改善したいなら
スロットルコントローラーを取り付けると良いでしょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミライース専科の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライース専科の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ミライースの加速性能は?市街地と高速道路の実燃費

  • 【LA300S・LA350S】ミライースの中古相場の金額はかなり落ちている?おすすめグレードはどれ?

  • L350Sミライースの評価は?実際に運転してみた辛口の感想!

  • 【ミライース】LA350Sは値引きができる?値引き相場を知ったうえで値引きをしないと確実に失敗する!

  • ミライースのパワーステアリングは電動?それともフルード?パワーステアリングの仕組みも解説!

  • ミライースをカスタムするならどこから始めると良い?